兵(つわもの)どもが夢の跡

テーマ:

 義経の財宝があるという手稲山にKさんの案内でついていく私。沢伝いの険しい所で道はない。ようやく登り、Kさんが指さした向こうに見えるのは、高さ3メートル、長さ5.5メートル、幅2.5メートルの巨大な石でした。

 そして、土台石の上に乗っているではないか。どこからか転がってきたというものではなかった。

 Kさんが最初に発見したとき石の下に穴があるのを発見し、これが地下への入り口とみて、掘り始めたといいます。私もKさんの掘り進めた穴を見たのですが、かなり深く掘っているようでした。Kさんは掘り進めるため多額のお金を投入したと話していました。

 珈琲を飲みながら一休みしているときにKさんが、「兵(つわもの)どもが夢の跡」だねと語っていたのが印象的でした。それは、ひょっとしたらKさん自身のことを語っているように私には思えたからです。

 実は、同行したのは今から20年ほど前のことなのです。その後、財宝が発見されたというニュースも聞きませんので…。あの巨大な義経石は今、どうなっているのでしょう。平泉と同じく夏草におおわれているのでしょうか