Down the fairway

ゴルフ屋の社長が書くブログ


テーマ:

いよいよ球春到来の4月に入りました。そして4月といえば、ゴルフの祭典マスターズトーナメント。


その起源は、生涯をアマチュアで通したロバート・タイヤ・ジョーンズ(以下ボビー・ジョーンズ)が、「昔のゴルフ仲間を集めて大会をやりたい」という事から始まった同窓会です。大会名に championship が付けられていないのはこの為です。B・ジョーンズは6月に開催したかったのですが、USオープンの日程と重なるため、4月のこの時期に開催される運びとなりました。

 

この大会の優勝者には、オーガスタナショナルGCの名誉会員の資格が与えられ、その印としてクラブのユニフォームであるグリーンジャケットが贈呈されます。ジャケットを贈呈するきっかけになったのは、1930年のロイヤルリバプールで開催された全英オープンに勝利したB・ジョーンズが、クラブのキャプテンからユニフォームの赤いジャケットをプレゼントされた体験でした。

 

1934年、オーガスタナショナルGCがオープンして、同じ年に第1回マスターズトーナメントが開催されるのですが、3年後の1937年にクラブユニフォームとしてグリーンジャケットが着用されるようになります。そして1949年に、優勝者へのジャケット贈呈が始まり、その第1号はサム・スニードでした。S・スニードの主な戦績はマスターズ3勝を含む
メジャー通算7勝。1950年には年間11勝と歴史に残る記録を残し2002年に静かにこの世を去りました。マスターズで始球式を務めた1ヶ月後のことでした。

 

さて、今では通常のトーナメントでも優勝者にジャケットを贈呈するシーンは珍しくありませんが、名誉会員の資格を与える印としてクラブユニフォームを贈呈する、という主旨で贈呈されるケースは殆どありません。見た目は同じでも、主旨は大違いですね。このようなことを頭の片隅に置いて、マスターズをお楽しみください。そして二人が残してくれた言葉を紹介して、今月号の締め括りとします。

 

 

「ゴルフのスコアの60パーセントは、ピンから125ヤード以内で打たれたものである」(S・スニード)

 

 

「ゴルフは体力よりも主として〝耳と耳との間のもの〟によってプレーされるゲームである」(B・ジョーンズ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0949331244さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。