今日は3歳健診に行ってきました。
いろいろ心配してましたが、弟くんはコンディションも良く、パニック&癇癪なく無事に受けれました。よかったです。
旦那さんが半休をとって一緒に行ってくれたので、とても心強かったですハート

受付時間は14時まで。12時半から整理券を配るのですが、自閉っ子には厳しい。
事前に連絡して、14時5分くらいに受付させてもらいました。
一番最後になり会場も空いていて、ほぼ待ち時間なしで回れました。
受付・身体測定・問診・歯科・眼の検査・耳の検査・小児科・栄養指導・最後に保健師さんと面談。トータル80分で終了しました。
弟くん、最後は疲れてうずくまる姿もありましたが、よくがんばってくれましたおねがい

尿は採取できなくて、持参してなかったのですが、定型発達のお子様方との差が大き過ぎて、一目で理解して頂いたようで、「健診の時間内にとって下さい」とも言われませんでした。
(他のお子さんは言われてました)

家で事前にやっておく眼と耳の検査もできずに行ったのですが、会場でも認知のゆっくりな弟くんには、とうていできない検査で、健診では「おかぁさんが心配じゃなければ、早急に専門医に連れて行く必要もないでしょう」で終わりました。
※発達年齢が2歳半くらいにならないとできない検査でした。
{B1973D08-C2E0-4F41-8574-0F09FB872FDC}


小児科の先生には、何か聞いておきたいことありますか?と質問されました。
「この子がどこまで成長するか知りたい」と言うと、弟くんのIQを聞かれました。
40くらいと答えると、「20歳になった時に8歳くらいまでは成長する。やり取りはできるようになる。ただ仕事するには半分くらいになってないと…もう少し頑張らないと、できることから少しずつ、しあわせになれる道を…」と言う話しをして下さいました。

多動で廊下を走りまわる弟くんを、たまにハイハイしている弟くんを、追いかけてくれた旦那さんありがとう。
ふたりともTシャツ一枚でしたが、汗だくになってました。

同じ年の同じ月に産まれた、定型発達のお子さんを見ると、その差に辛くなり泣いてしまうのではと母は思っていましたが、大丈夫でした。
普通にお母さんと会話しているお子さんが、幼稚園の制服を着ているお子さんが、別の世界の子供たちに感じました。
4つも5つも年上の子供たちにも感じられ、毎日一緒にいる弟くんが基準になっていました。
旦那さんに話すと、同じ気持ちだったようです。

この先、つらい事。悲しい事。時には泣いてしまう事。たくさんあると思いますが、夫婦支えあいひとつひとつ乗り越えていきたいです。

身長93センチ
体重15キロ
大きくなりましたキラキラ
{E26B5CBF-31F3-405C-9E62-E6FCA2D162DF}

ランキングに参加してます。
よろしくお願いいたします流れ星


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村