ストレッチのすすめ

テーマ:
以前KNOCK OUTのパンフレットでも紹介させてもらいました、



『プロフェッショナルシスト健太のプロフェッショナルバスタイム』


{CABF8741-342B-4C40-B369-5AC6A9340326}




僕はこの中で全てのアスリートにとってとても大事な当たり前な事を紹介しました。




{74EB8A2C-15AE-438C-8599-3683E68C345F}




入浴後の、




{BACF7A95-A0B6-410A-A4F9-57A536F26EAC}



ポージングタイム!!



{102D0039-FA86-4600-B3D0-CBB153E65CB7}



ではなく、(ナルシストには大事!)



{FAC4D5EE-5CEA-4774-8B7C-F54FC44084C6}




ストレッチタイムです!



{03210190-DB1F-4FD8-B731-ABAA4F988E52}



キックボクサーはつま先立ちの構えに、
蹴りを打つたび軸足はつま先立ちで回転するなど、ふくらはぎを酷使するので、
このストレッチボードはお勧めです!



{61963DEA-E289-4316-A107-4E375B821B42}


それと最近新たに設備投資したのが、この大きいヨガマットとフレックスクッション!



傾斜がついているので、誰かに背中押してもらう事なくどんどん伸ばせます!



{0F11EAB5-C68E-4208-8AD6-9AE389D3094F}


よく、スポーツジムに置いてありますが、家でも使いたくなりました。



何故ならストレッチのゴールドタイムは身体があったまって柔らかくなっている、


● トレーニング後
● 入浴後



だからです!

僕は長年ストレッチを疎かにしていて、



毎日のトレーニングで身体はいつもバキバキに固まっていました。



よくどこかしら怪我や故障を抱えていました。



アキレス腱がキレそうな違和感、痛みがあってつま先立ちが怖い、
腰痛でスウェーも出来ない蹴りも打てない、
肩が痛くてフック打てない、
ヒジを伸ばしていてジャブも打てない…etc



そんな状態での試合も何度かありました。



でも試合後にそんな事言えませんし、ブログにも書けません。
(確か書いてないと思う笑)



アスリートとは怪我と戦うもの。



あって当たり前と思っていました。



でも違ったのです。



どこか怪我したり故障した時はわかりませんが、



身体の硬さが引き金となって、怪我を誘発していたのです。



恩人との出会いでその重要性を身を以て実感し、必ず行うようにしています!



恩人曰く、それでもまだまだ全然僕の身体は硬いらしく全然ストレッチ時間が足りないらしいですが。。



怪我なくリングに上がれる喜び。



当たり前かもしれませんが、



怪我や故障を抱えている選手、アスリートにはわかるはず。




と、



ここまで言っても身を以て痛みを味合わないと、みんなやらないんだよな〜〜笑

コメント(1)