【目黒区】中目黒八幡神社 | 鳥居の向こう側~素晴らしい神社と御朱印~

鳥居の向こう側~素晴らしい神社と御朱印~

埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県の神社を中心に巡り、ブログを書いています♪

1月18日(金)、都内の神社巡りのつづきですおねがい
午前中最後に訪れたのは、


東急東横線、東京メトロ日比谷線・中目黒駅より徒歩8分の、


中目黒八幡神社です神社



表参道の鳥居社号碑
⬇⬇⬇


閑静な住宅街の一画にありますニコ
参道は比較的長く、初めはゆるやかな上りです。
⬇⬇⬇


途中いったん傾斜が急になり、右端にだけ石段があります。
⬇⬇⬇
⬆⬆⬆
その先石段の手前、右手に神池タラー


左手には、さざれ石
平成8年に、昭和造営60周年を記念して置かれたもの。
記念碑の赤い文字は、秩父の「宝登山神社」の宮司さんによるものだそう鉛筆
⬇⬇⬇

右手には、お水取り出来るような泉があります。
⬇⬇⬇
⬆⬆⬆
その先に石段
右手に拝殿の屋根が少し見えて来ましたキョロキョロ



石段を上ると、広くて明るい境内照れ
⬇⬇⬇

右手に見えるのは社務所です。
平成27年に始まった昭和造営80年奉祝記念事業の『平成の大改修事業』の工事が完了したばかり。
バリアフリー化され、社務所から続く昇殿参拝控え室には、授乳室なども完備されているそうです赤ちゃん
参拝者への配慮が嬉しいですねルンルン照れ



はやる気持ちを抑えて拝殿前をいったん過ぎ、そのまま正面へ進みます。

手水舎ですアセアセアセアセ
⬇⬇⬇
⬆⬆⬆
シンプルでキレイな水盤タラー
柄杓置きが角にあるのが、カッコいい照れ



手水でお清めを済ませ、手水舎から見た拝殿。
⬇⬇⬇



拝殿前の狛犬さん犬
⬇⬇⬇



拝殿です。
⬇⬇⬇

緑に囲まれ、堂々とした風格照れ
存在感がありますキラキラキラキラキラキラ


創建の年月日は不詳。
神仏習合の時代に、上目黒の寿福寺によって管理されていましたが、寺が全焼したため古い資料は焼失してしまったとのことです。

当時の村指出銘細帳や、「新編武蔵風土記稿」の記載、また境内の古い手水鉢の刻印などによると、江戸時代の1700~1800年代には、この地で氏子崇敬者の篤い信仰を受けていたことがわかります。



拝殿の扁額
⬇⬇⬇


主祭神
応神天皇 おうじんてんのう
=誉田別命 ほんだわけのみこと 
相殿神 
天照大御神 あまてらすおおみかみ


ご利益
国家鎮護・勝運招来・増産興業絵馬



本殿・弊殿・拝殿で構成された権現造の社殿。昭和11年に造営され、今回補修が行われました。
⬇⬇⬇



拝殿左手にはわかりやすい案内板も設置されていますニコニコ
⬇⬇⬇
⬆⬆⬆
文政年間(1818年~1830年)に奉納された古い手水鉢がありました。
文政7年(1824年)に社殿を造営した記録が残っているので、その時に奉納されたものと思われます。



その先に、
末社・三峯神社
境内社はこの一社だけです。
⬇⬇⬇
                                             ⬆⬆⬆
                                石段の下に社号碑。


石段の先に鳥居があり、その先に社殿。
⬇⬇⬇ 


御祭神
伊邪那岐命いざなぎのみこと
伊邪那美命いざなみのみこと 

ご利益
縁結び、延命長寿絵馬


社殿です。
注連縄も紙垂も榊の枝も、真新しいものでしたキラキラキラキラキラキラ
⬇⬇⬇


中目黒は、江戸時代に流行した「三峯講」が今も残っている地域で、奥秩父の総本社「三峯神社」には、毎年中目黒八幡神社・氏子による参拝団が赴いているほど、「三峯神社」への崇敬が篤いのです。

前述のさざれ石の記念碑の文字も、秩父の「宝登山神社」の宮司さんによるものだったりと、秩父とのつながりが深いことがうかがえますおねがい



末社・三峯神社の鎮座する小高い丘をさらに奥へと進むと、
ご本殿を間近に望むことが出来ますキラキラキラキラキラキラ
⬇⬇⬇



今まで神社巡りをして来て、社殿裏の小山のようなところからご本殿を望むことが出来る神社はいくつかありました。
わりと最近記事にした、「早稲田水稲荷神社」や、「春日部八幡神社」などがそうでした。

でも、ご本殿はちょうど目線くらいで、ご本殿の屋根の上から見下ろすような形にはなっていないことに気がつきましたキョロキョロ

富士塚富士山などは大きいものだとご本殿より高くなると思いますが、その場合はご本殿と距離が離れていたり、直接ご本殿を見下ろすことにならないように、配置の工夫がされていることが多いように感じました真顔



ご本殿を下から。
⬇⬇⬇
瑞垣の手前に灯籠が一基ありました。



西側の鳥居
⬇⬇⬇

こちらからだと手水舎を先に通る流れになりますねウインク
新年のご祈祷の方が多く、境内には車が多かったです車



昭和40年に造られた神楽殿
屋根の銅板葺き替えと、建具の補修が終わったばかりですルンルン
現在も例大祭には、江戸時代から続く『十二座神楽』が奏されています。
⬇⬇⬇
⬆⬆⬆
神楽殿の向かい側、拝殿の右手に
社務所です。
改築が終わったばかりでピカピカキラキラキラキラキラキラ新しい木の香りがしました照れ



社務所前のご神木
⬇⬇⬇



由緒書と社報をいただきました。
⬇⬇⬇


御朱印です。
⬇⬇⬇

力強い筆跡鉛筆爆笑
素晴らしい御朱印ですラブキラキラキラキラキラキラ



中目黒という場所柄、氏子の中には著名人も多く、昨年の例大祭の日には奉納者にキムタクの名前が見られたそうですびっくり
ご自宅も八幡神社からかなり近い場所のよう…
私は見に行ったりしてませんよ、もちろんにやり




中目黒は、遊びでも仕事でも頻繁に訪れていた場所でしたが、通りから少し入った閑静な住宅街の中に、こんなに素晴らしい神社があるのは知りませんでしたキョロキョロ

境内は明るく清々しい空気に満ち溢れていましたキラキラキラキラキラキラ
社殿も美しく、三峯神社の鎮座する左手の小山の雰囲気も素晴らしく、大好きな神社になりました爆笑

また訪れたい神社ですニコニコ



次回も目黒区の神社ですウインク