ちょっとだけ真面目にフックのお話。 | 五十嵐誠の ポジティブにいこう!(野尻湖、河口湖、桧原湖、亀山ダムでガイドやってます!)
2018-02-09 10:14:00

ちょっとだけ真面目にフックのお話。

テーマ:ブログ
突然ですが。

釣り業界でデキる男になるべくこれから僕なりではありますが釣りに関してのお話をチョイチョイ書いて行きたいと思います!


そんな今日はフックのお話。
最近、色んなメーカーから出ているフッ素系コーティング。

がまかつの場合は
『ナノ・スムースコート』

フッ素系コートとはフックのコーティングの種類でフックの表面の滑りを良くすることでフックの刺さりを良くする。

それによって『魚が針先に触れた時の初期掛かり』が良くなってフッキングできる間が増えたり
『今までよりも小さい力でカエシまで貫通する』事によってバラシが減る。

など良いこといっぱい♪

デメリットとしては

錆びやすいってのがあるようですが。
今のところ僕の使用状況がバス釣りで淡水だということと、フックは消耗品だから針が錆びたり欠けたり曲がったりしたら交換する習慣があるので今のところ試合などで大きなミスはおきてはいないです。

それともうひとつ。
感覚的に思うのですが従来品のフッ素コートバージョンの場合、フックが硬くなっている感覚があり伸びるより折れる系の針になりやすいのかな~って。

これを、実際に使う場面で考えると。

ルアーに触ってきた魚をフックアップさせやすく今までよりも弱い力でも貫通させやすいので細い糸も使えるかなって所かな~
※細い糸を使うってことはラインブレイクのリスクは増えるのですが。。。

何かまとまりの無い文章になってしまいましたが。
刻々と進化していくタックルのおかげできっとドンドン新しいシステムが生まれて新しい釣りが出来てくるんじゃないかなって。

なので皆様も新しいアイテムが良い悪いだけではなく(メリットデメリット両方あるって意味で)ぜひ使ってみてほしいなって思います!


あっ!

ちなみに写真のフックに乗ってるアイウエーバーには僕はトレブルSP#12を使ってます!
ご参考までに~
(ラインはFCスナイパー3.5ポンド使用)

五十嵐 誠さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス