『アンチェルの蝶』                     
        
遠田 潤子  (著)
¥842 光文社文庫

内容(「BOOK」データベースより)
大阪の港町で居酒屋を経営する藤太の元へ、中学の同級生・
秋雄が少女ほづみを連れてきた。奇妙な共同生活の中で
次第に心を通わせる二人だったが、藤太には、ほづみの
母親・いづみに関する二十五年前の陰惨な記憶があった。
少女の来訪をきっかけに、過去と現在の哀しい「真実」が
明らかにされていく―。絶望と希望の間で懸命に生きる
人間を描く、感動の群像劇。


<こんな人におすすめ>
親の呪縛から逃れようとする物語に興味がある
初恋の相手を思い続ける愛の物語を読みたい
遠田 潤子のファン

 

アンチェルの蝶 (光文社文庫)

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

上矢印本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いしますおねがい

 


人気ブログランキングへ左矢印こちらも参加していますおねがい

 

ダウンテキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪

ぬこのイラストブックれびゅう

 

 

ブックツリーに記事を書いています。

ぜひ見に来てくださ~いd(´∀`*)

 

勉強ってどうしてやらなくちゃいけないの?( ̄Д ̄

 

こちらはショートショートがテーマですo(^▽^)o

 

『旅から始まる物語」ヽ(^o^)丿

 

『40代女性向けファッション」ヽ(^o^)丿

 

自分で人生を切り拓く女性たち(๑•̀д•́๑)

 

行動経済学で買い物上手(o´艸`)

 

なんでこうなった!?ある「きっかけ」で人生の歯車が

狂い始める物語(゚Д゚;)

 

誰かを待ち続けたことがありますか?

誰かを、何かを待つ人々の物語 (ノω・、)

 

 

 

どくしゃになってね…ペタしてね