『ここは退屈迎えに来て』                     
        
  山内 マリコ (著)
¥583 幻冬舎文庫

内容(「BOOK」データベースより)
そばにいても離れていても、私の心はいつも君を
呼んでいる―。都会からUターンした30歳、結婚
相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子と
しぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女子高生…
ありふれた地方都市で、どこまでも続く日常を
生きる8人の女の子。居場所を求める繊細な心模様を、
クールな筆致で鮮やかに描いた心潤う連作小説。

 



<こんな人におすすめ>
どこにでもあるような地方都市に住んでいる
ここではないどこかで生き生きと暮らしたいと思っている
山内 マリコのファン

 

ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

上矢印本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いしますおねがい

 


人気ブログランキングへ左矢印こちらも参加していますおねがい

 

ダウンテキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪

ぬこのイラストブックれびゅう

 

 

ブックツリーに記事を書いています。

ぜひ見に来てくださ~いd(´∀`*)

 

勉強ってどうしてやらなくちゃいけないの?( ̄Д ̄

 

こちらはショートショートがテーマですo(^▽^)o

 

『旅から始まる物語」ヽ(^o^)丿

 

『40代女性向けファッション」ヽ(^o^)丿

 

自分で人生を切り拓く女性たち(๑•̀д•́๑)

 

行動経済学で買い物上手(o´艸`)

 

なんでこうなった!?ある「きっかけ」で人生の歯車が

狂い始める物語(゚Д゚;)

 

誰かを待ち続けたことがありますか?

誰かを、何かを待つ人々の物語 (ノω・、)

 

 

 

どくしゃになってね…ペタしてね