『余命10年』 
    

小坂 流加 (著) ¥670

文芸社文庫
 
死ぬ前って、もっとワガママできると思ってた。
二十歳の茉莉は、数万人に一人という不治の病に
かかり、余命が10年であることを知る。
笑顔でいなければ周りが追いつめられる。
何かをはじめても志半ばで諦めならなくてはならない。
未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした
日々を過ごしていく。
そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋は
しないと心に決める茉莉だったが……。
衝撃の結末、涙よりせつないラブストーリー。



<こんな人におすすめ>
余命を告げられた若い女性がどう生きるか知りたい
せつない愛の物語を読みたい
死んでいくものと生きていくものの心情を細やかに綴る
話を読んでみたい

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ左矢印本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いしますおねがい

 


人気ブログランキングへ左矢印こちらも参加していますおねがい

 

 

ダウンテキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪

ぬこのイラストブックれびゅう

 

どくしゃになってね…ペタしてね

AD

コメント(4)