その愛の形に言葉を失う物語

テーマ:

 

『彼女がその名を知らない鳥たち』 
  
沼田 まほかる (著) ¥741

幻冬舎文庫
 
八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、
淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を
激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。
そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。
「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、
陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。

 



<こんな人におすすめ>
ダメダメな大人たちの恋愛物語を読みたい
さまざまな愛の形を知る物語を読みたい
沼田まほかるのファン

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ左矢印本や記事に興味を持っていただけたらポチっとお願いしますおねがい

 


人気ブログランキングへ左矢印こちらも参加していますおねがい

 

 

ダウンテキスト長めのブックレビューやってます(^ε^)♪

ぬこのイラストブックれびゅう

 

どくしゃになってね…ペタしてね

AD

コメント(2)