2ヶ月

テーマ:
マロンの旅立ちの日🌈

最後のお見送りには、テオくん、テオくんママ、マロンの姪っ子Bonちゃんのママが駆けつけて下さいました。

葬儀、出棺、そして火葬を待つ時間…
両親と私だけでは深く落ち込んでしまったであろう時間を、泣いたり笑ったり…のほっこりあたたかい時間に変えてくれました😊

これは、マロンが繋いでくれた、マロンがいなくなった後も、私が東京で寂しい思いをしないように遺してくれた大切な大切なご縁✨
本当に有り難かったです😢

豊洲やお台場辺りでたくさん遊んだお友達や、一緒に10歳を迎えようね❗️と頑張っていた2008年組の皆さんからもあたたかいメッセージやマロンが寂しくないようにとお花が届き、おかげさまでマロンの周りはずっと賑やかでした😂

私自身もたくさんの人に支えていただいて、一昨日、2回目の月命日を迎えました😊

マロンにお心を寄せて下さった皆様…
本当にありがとうございました✨

マロンが繋いでくれた皆様とのご縁。ずっと大切にしていきたいと思っています!
これからもどうぞよろしくお願いします🙇⤵️



そして、お礼が遅くなってしまいましたが。。
体調が悪かったときに、テオくん、諭吉くん&大吉くん、いな瀬くん&かげ月くんのブログでの呼び掛けで、マロンに元気玉を送って下さった皆様…。
こんな結果になってしまいましたが、皆様からの元気玉のおかげで、マロンはマロンらしく最期を迎えることができました!
心より…ありがとうございました😆






四十九日が過ぎるまで、胸がキュッとなることがたくさんあったけど、四十九日の数日前に参列した合同法要の時のご住職の言葉で何かが変わった気がしています✴️

「お別れのした時の気持ちも大切だけど、それ以上に、出逢った日のワクワクした気持ちも大切にして下さい」

というようなものでした。



さみしい気持ちに心が傾く日々ではなく、出逢った日のワクワクした幸せな気持ちをたくさん思い出して、前を向いて過ごしていこうと!(勝手な解釈かも知れないけど…😅)


四十九日の前は、いよいよ本当にマロンがいなくなってしまう…と淋しさが押し寄せていましたが、この言葉のおかげで、当日には笑顔でマロンを見送ることができました😊




そして最近は…


マロンが届けてくれる使者🌠が、
いつか私の前に現れてくれるのを楽しみに🎵



出逢った頃の写真をスマホの壁紙にしました😆



うちに来て間もなく。生後2ヶ月😌
この頃は怪獣みたいだったけど、最高の相棒になってくれました😄



こんな子を見かけた方は、ぜひご一報下さい😍










マロンのこと…

テーマ:
4月10日
朝方 嘔吐(といっても出てくるものがなく泡のみ)

午後から整体と通院の予約をしていた日。


とは言っても、意志をもって食べ物を口にしないマロンにとって、それが本当に良いことなのか?

マロンが望んでいるこれからは…どこにあるのか??



毎日一緒に入っていたお風呂🛀

食べていないので足元はヨロヨロながらも
「一緒に入る!」
とついて来たので、この日もいつも通りに😊


この数日と同様に、蓋の上にいるマロンと湯船の私。
2人だけの会議。



今までのこと。
たくさんの楽しかったこと。

色んな話をしながら、最終的に…

もう無理やりにごはんを食べさせたりしないこと。
酸素も必要なら酸素室や酸素マスクの近くに行くように自分で決めて良いこと。
すべてマロンの決断に委ねること。

そして…


お別れの決意をしたときには、病院に行くバッグに入ったら良いょ…と…😢



二人でこの結論を出した後のマロン。


それまでグッタリと伏せていたのに、しっかりとした表情を見せてくれました😊


この結論は、家にいた両親、神戸に帰った姉にも報告。

マロンの賢さ、意志の強さを良く分かってくれているので、みんな賛成してくれました😊




この結論に至るまで…

マロンの幸せとは??

これだけを考えて自問自答を繰り返していました。


☆一緒に過ごすこと
☆美味しくごはんやおやつを食べること
☆お散歩に行くこと
☆自由に過ごすこと

生きる上で大切なこの4つのこと。


☆一緒に過ごすこと…
→出張の日が近づいている今、約1週間後、私が戻ってくるまでマロンは頑張れる体力があるのか??
頑張れるとして、その他の幸せや楽しみをすべて奪ってしまい、酸素室から出られず、点滴やお薬で命を繋ぎ止めることはマロンの幸せなのか??
私のエゴではないのか??


☆美味しく食べること…
→歯をくいしばって食べることを拒否するマロンに、無理矢理食べ物を口に入れるのは、苦痛以外のなにものでもない。


☆お散歩に行くこと
☆自由に過ごすこと…
→パピーの頃からずっとフリーで過ごしてきたマロンが、酸素室から出られず自由に過ごせないときの気持ちを考える。
酸素室での治療の先に、回復や完治の希望があったこれまでとは違う。きっと絶望に傾いてしまうだろう…。


それならば!

私が一緒に過ごせる今。
この時間を自由に!
マロンが望むようにさせてあげること。
それが、マロンの幸せに繋がるかも知れない…

私にとっては最も辛いけれど…😢
私がマロンにできる最後の恩返しなのかも知れない…

もっともっと複雑だったし、こんな簡単なことではなかったけれど、そこのところもきちんとマロンと話し合い、そして二人で決めました。


これからの時間は、マロンの自由に!
マロンの思う通りに!
マロンのペースで!
出来る限りの時間を一緒に過ごそう✨

と…。



この日はずっとマロンの側にいて、身体を撫で、たくさん抱きしめ、たくさんお話をして…。
マロンのペースで過ごしました😊

ちょっと他の部屋に行くと、頭をあげて私を探すマロン🌰
とってもいとおしく💕
マロンからのたくさんの愛を更に強く感じて過ごしました。


途中、何度か意識が遠くなったり、背中の毛を逆立てながら痛みに耐え…
私が納得して送り出せるようになるまで、
マロンは精一杯の時間を私のために作ってくれました😊




11日に日付が変わる頃…

覚悟を決めたようにリビングから玄関に走り、バッグに倒れこんだマロン🌰



最期は
私の腕の中で…
両親に見守られて…


地上での任務を終えました🌠




2018年4月11日 0時52分頃  
私の大切な相棒 マロン🌰
永眠👼🌈




たくさんの愛をありがとう❤️

マロンのこと⑤

テーマ:
4月9日

ほとんど食べずお水だけを飲む。



じぃじとばぁばが出かけている間に、マロンと外へ…

仕事の用事を済ませた後、マロンと近所をブラブラ~🐾



マロンに
どこか行きたいところある?
したいことある?
と聞きながら、また答えの出ない二人の会議。



何か少しでも食べてほしくて、
少し前にお散歩したときに、閉店後で入れなかったペットショップまで行ってみる。


4月3日の夜
お店が開いてなくて、扉を開けてょ!と訴えるマロン🌰このあと10分以上座り込み😵また今度ね…と諦めてもらったのでした。


もしかするとマロンは家に帰りたかったかも知れないけど…

叶えてあげられなかった「また今度ね…」を
1つでも減らしたかった…
というのが正直な気持ちでもあり、カートに乗せて一緒に行ってきました。





ここでハムスターやうさぎを見るのが大好きでした!





高カロリーのミルクと、好きだったサバ缶を買って帰宅🏠️👣





帰ってもカートから降りようとせず、病院に行きたいと主張したマロン🌰



予約よりも前に診てもらえるか聞いたけれど、酸素室で待ってもらうことになり、診察時間は早まらないだろうとの見解だったので、マロンに伝えて家で待機。



予約の時間に病院へ🏥



病院ではじぃじの膝✨


昨日とは明らかに表情が違う…ね。。



結果
3回目の胸水  365cc

抜いた後の回復が前回よりも更に悪くなりました。。





4回目はもうないかもな…
次は胸水を抜いている途中でダメになるかも…

という気持ちが頭をよぎる。



酸素室に入っているマロンの回復を待ちながら、これからのことを相談。
この先に私の約1週間の出張予定もあったため、不在の時のことも含め、両親も揃って話を聞いてもらう。



そして、何か食べて体力をつければ…と考えて、病院で試食させて下さった回復食の中で少し食べたという缶詰を1つ買ってみる。



会計の時に
病院の先生、スタッフ全員がマロンちゃんのことは把握していますので、いつでも連絡して下さって大丈夫ですょ😊
と受付の方に声をかけていただき、両親も安心して帰宅🏠️🚗💨
24時間病院は本当に有り難いですね🎵





夜、缶詰めを少し食べてくれる✨

もう一口と思い、追加で出すと食べない…


ヨーグルトもカッテージチーズも食べない…



でも前日にいただいたフルーツトマト🍅に好反応!
パクパクと美味しそうに食べてくれました😆





夜中に少し嘔吐。



食べていないからかなぁと色々出してみるけど…
食べたい素振りを見せても食べず…


ミルクやヤクルトを口の中にちょっと強引に付けてみても拒絶。





このときに1カケラだけパクリと食べたのは…


家族行きつけの神戸の焼肉屋さんがマロンのためにいつも用意して下さるお肉(メニューとして出せない部分で賄いに使ったりするらしい)

マロンはこの焼肉屋さんのお肉が大好きでした💕




今考えると、固形物を口にしたのは、このひとカケラのお肉が最後でした…🥩✨