夏休みに撮った写真どうしてますか? | 整理収納はなりたい自分になれるチャンス♪@茨城・東京・つくば

整理収納はなりたい自分になれるチャンス♪@茨城・東京・つくば

お片付けニガテさんの味方♪
茨城県つくば、土浦で活動している整理収納アドバイザー こくしょう輝枝(てるえ)♪です。

  
 












 


テーマ:

ご訪問ありがとうございます(*^▽^*)

茨城県県南 つくば 整理収納アドバイザー こくしょう輝枝です

茨城県つくば市で毎月 整理収納の基本が学べる!スキルがあがる!資格までとれちゃう!

ハウスキーピング協会 整理収納アドバイザー2級認定講座を開催しております。

この講座は受講生さんが2名以上で3回の演習(グループワーク)があります。

もちろん、整理収納についてはテレビや雑誌、インターネットなどで一人で学ぶこともできます。

対面の講座の魅力は双方向であることだと私は常々思っております。

講師が一方的にお伝えするだけではなく、受講生さんから教えてもらうことがあります。
(むしろそっちのほうが多いかも。。。)

今日はその中でいいなあと思った写真の扱い方についてシェアしたいと思います(ご本人に了承済みです)

 

プリントアウトされた紙媒体の写真の活かし方_例

場所:リビングのテレビボードの中(家族が集まりそこで見ることが多い)
  ・ 家族アルバム:写真が抜き差しできるタイプのアルバム
毎月、日にちを決めてその月に撮った写真をプリントアウトして
お気に入りだけ入れている)
  ・ 箱(アルバムに入りきらなかった今までに撮った写真を時系列に入れている)
 

その他に子供達がそれぞれにマイアルバムを持っていて(抜き差しできるタイプ)
自分たちが気に入った写真をリビングにある写真から選んでいる

デジタル派、プリント派
色んな考え方あると思うのですが
どちらにしても、写真は撮ったあとに見ることで価値があるもの
私が思うプリントアウトの利点は見たい時にすぐ見れる、持ち歩ける
他の人にも見やすいこと

またそのモノの最後は誰がするのかという考え方
子供達がその時に自分が持っていたい写真を選んでいるというのがとてもいいと思いました。
個人で持っているアルバムは成長に合わせて1冊ずつなので 新しく入れたい写真の枚数分、減らさなくてはならない。

抜いた写真は時系列順の箱に戻します。(捨てるわけではないので また見たくなったらお気に入りのマイアルバムに戻してOK!)


いかがでしょうか?
まずは今週は夏休みに撮った写真 見返してみませんか?(これ私へのリマインド(笑))

教えて下さった受講生さんありがとうございます
(*^▽^*)


長文 お付き合い頂きありがとうございました。

いつもありがとうございます。

整理収納アドバイザー こくしょう輝枝










 


 

 

 

國生輝枝(こくしょうてるえ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス