テーマ:



さて、お値段は?


先日のブログ

⇒ 秀吉の中国大返しは最大で300億円。1人当たり1,836万円。


好評でした。

ありがとうございます。


ついでに当時の鉄砲についても調べてみたんです。

火縄銃と呼ばれた飛び道具の値段です。


1挺9石です。


これは量産された値段です。

今でいう大量生産モデルの値段。

種子島に伝わった時と比べればぐ~んとお安くなっています。


1石=1,000合=150キログラム


これが1人が1年間に食べるお米の量です。

つまり平均して1日に3合となります。



現代ではお米10キログラムがおよそ5,000円とすると

1石は75,000円となります。


ということは鉄砲、1挺のお値段は675,000円。


意外と安い!?


もちろん1挺では役に立たないわけです。

100挺をそろえると、67,500,000円(6,750万円)


3,000挺で武田の騎馬軍団を破った信長は2,025,000,000円

20億2,500万円を鉄砲に使ったことになります。


戦はお金がかかるわけですね。

このほか兵糧も人件費もかかります。


合戦のシーンで鉄砲が出てくると

いくらぐらいかかっているのか想像しながら見てください。


数字を交えて大河ドラマをみるとよりリアルに感じますね。


◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 顧問契約の問合せ、大河ドラマや歴史に学ぶ講演依頼などはこちらから。

  ⇒ http://www.kochikuro.com/wp/?page_id=121

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

大阪の大河ドラマ税理士、山本やすぞうのブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。