補修工事 | ぐるくんのマスタード焼きのブログ

ぐるくんのマスタード焼きのブログ

ヘーベルハウス・キュービック建築記録・07yに誕生した長女の成長記録

10月10日(金)晴れ。


AM9:00から補修工事がおこなわれました。


今日のスタッフさんは、工事課H氏・ホームサービス課のA氏・施工建設部長・大工さん2名・クロス屋さん3名・建材問屋A氏の計9人で、補修作業が行われました。


養生が行われました。

リペア1


2階部の黒い部分から作業開始。

クロスを既に剥がした状態です。

石膏ボード(カビの部分)取りました。

リペア3


取り外した石膏ボード裏側
リペア4

ボードの裏側にカビの被害はありません。

ボードの湿気も有りません。


ここで、発生したカビのクロスは、メーカーに提出検査するそうです。


続いて1階階段柱です。


黒シミ日記を付けていた場所です。


大工さん作業開始。

クロスを剥がします。

リペア5


おや!?


想像以上のカビの発生です。

リペア6


ここは、ボードに湿気がありました。
リペア8


2階と1階も柱のコーナー部分にカビの発生があります。
リペア7

ボードとパテとクロスの間に発生です。


磁気クロスを剥がし
リペア10

ボードの交換作業に進みます。
リペア13

黒い部分は、防音シートです。ゴムで覆われた硬いシートです。

念の為、中の断熱材の湿気を確認しましたが、湿気は確認されませんでした。


なので、大工さんが
リペア15
新しいボード1が付けられました。


大工さん

リペア16

ボード2を付けました。


そして
リペア18

ボード張替え完了です。


ここで、新品のボード角に穴の空いたプラスチックが付きます。
リペア17

我が家のカビが発生した場所にこの部材がありました。

カビの発生したこの部材と、パテはメーカーで検査探求をお願いするそうです。


リペア19

問屋のA氏がドライヤーでパテの乾燥をはやめます。


リペア20

クロス屋さんは2階からクロスを貼ってきます。



リペア21
職人芸です。2階から1枚のクロスで貼ってきます。

新築時に、こちらのクロス屋さんだったら・・・・と思ってしまいました。



リペア23
クロス屋さんが、パテを塗り・ドライヤーで強制乾燥を何度か繰り返し



リペア25

磁気クロスの貼り付けが行われました。

今回のクロス屋さんは、磁気クロスが初体験との事でしたが。


前回の仕上がりよりも、綺麗に仕上がりました。


この磁気クロスは、非常に重いです。なので、貼り付ける糊も厚くなる糊です。

それに加え、このクロスは通常のクロスより水分を蒸発させることは、ない物です。


我が家は、入居するまでに、磁気クロスを2回張り替えています。この場所の湿気は2回張替えの為に、なったのかもしれません。


朝9時から作業スタート、作業終了時間7時30分、作業をしてくれた職人さん休憩もせずご苦労様でした。


これで、除菌出来たでしょうかぁ?我が家??


ホームサービス課のAさんも、きちんとした説明と回答をしてくれて安心しました。

カビの発生の説明については、後日検査の結果報告と共に説明してくれるそうです。




忘れていましたが、担当営業のA氏も夕方から来て、作業終了でいてくれました。



湿気心配なので、ハイブリド除湿機、夜間おまかせ運転しましたが除湿量2.2Lでした。



ぐるくん