アメリカに滞在している間に、


やってみたいこと!


行って見たいところ!


というのが、

いくつか、あります。


そのうちのひとつが、


パサディナにあるノートン・サイモン美術館 を訪れることでした。

(一応、大学の専攻は芸術学ですので。。。スキなんですよね~美術館。)


日本にいた頃は、

ロサンゼルスに美術館があることすら知らなかった(失礼!)けれど、

こうやって来て調べてみると、

さすがは大都市、いろいろな美術館がそこここにあるんです。


アメリカは歴史の浅い国、

でもその分、ビジネスで成功した人たちが

資財を投げ打って集めた名画の数々を公開してくれています。


ノートン・サイモン美術館も、そのひとつ。


レンタカーとかガソリンスタンド(だったっけ?)とかの経営で

財を築いたノートン・サイモン氏のコレクションが展示されています。


大人でも、入場料8ドル!


たったこれだけで、

ラファエロ、フィリッポリッピ、モネ、ルノワール、ゴッホにピカソにカンディンスキー・・・

14世紀以降の一通りの名画を楽しむことができます。


私が、

この美術館で感じた、ヨーロッパとの違いが2つ。


1.作品自体は代表作ではないが、

  メジャー画家の作品が一通りそろっている


2.保存状態がめちゃめちゃ良い



アメリカの美術館、特に実業家がコレクションしたものって、

その人の性格が多分に影響すると思うのですが、

アメリカ人って、

やっぱりちょっと、

「成金的」なところがある気がします。


いい意味で、なんですが。


絵が好き、というよりは、

お金がありあまってて、有名どころを集めてみました、という感じがする。


逆に言うと、

「あ、この人、こういうのが好きなんだよね」という好みとか個性は、あまり感じられない。


対照的なのが、山陰にある足立美術館。

ここは、もう、完璧、作った人の好みが100%反映されてる世界。

だから、合う、合わないはあると思います。



そして、

保存状態が本当にすっごくいいんです。

特に、14~16世紀のものがこんなにキレイに残されてるのは、

ヨーロッパではありえないことではないかなあ、と思う。


思わず、係員に「これってほんものですか?」って聞いちゃったぐらい。


ヨーロッパの絵は、つい最近まで、

日常の中に「使用されていた」だけあって、ほこりや汚れが目立ちます。

それが当たり前だと思ってたので、

アメリカに来て、キレーーイに保存されてきたこれらの絵を見て、

ちょっとびっくりしてしまったのです。


そうすると、

他の美術館もきっと、いいんだろうね?!


浮世絵が保存されたのも、本当に欧米のおかげなのね。


って、思って、

アメリカのほかの地域の美術館も、

かなり気になり始めました★


ノートン・サイモン 美術館

http://www.nortonsimon.org/


AD

仕事に少し慣れてきたこともあって、


そろそろ、

本腰入れて勉強しなきゃー。。。と思って。



そうそう、

ビジネス英語を勉強しに来たんだった(汗)と思い出して。



読書を始めました。


11月21日に、、、日本でも邦訳が発売されたかな?

こちら↓


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略/クリス・アンダーソン
¥1,890
Amazon.co.jp

英語を勉強しなきゃ、と思っているひとつの理由は、

「英語原文の情報収集ができるようになりたい」から。

さすがにもう、ネイティブスピーカーになりたいとは思わないけれど、

ノンネイティブとしてでも、

ビジネス交渉ができること、

そして、

情報を集めるのに、英語の資料も抵抗なく使えるようになりたい。

そう思って、ここに来ている訳です。

世界にあるほとんどの情報は英語なのに、

自分はその情報を即座に仕入れられない。

話を聞きたい人は、必ずしも日本語を話すわけじゃないのに、

私は日本語でしか話を聞くことができない。


最低でも、

世界共通言語としての英語が必要・・


その割に、

忙しさにかまけて、リーディング、やってなかった・・・!

でもね、やっぱり「読みたいもの」じゃないと、進まない。


というわけで、

「これは一度、英語で読んでみたい!」と思うビジネス書を読むことにしました。


で、この「フリー」ですが。


・・・おもしろい!!


最近、今まで「お金を払って手に入れていたもの」が、「無料」になっていることが多い。


この先、

きっと本当に、お金を払わなくても生きていける世界になりそう。


じゃあどうやってマーケティング・・・ビジネスしていくの?


そんなことを

考えている人は、絶対読むべき一冊です。


といっても、

英語の本を読んでますので、まだ全部読みきれないんだけどー。。。


中国では、

「医者に患者がお金を払う・・・

 健康な月はお金を払い、病気をしたら、医者の責任だからお金を払わない」とか、

デンマークでは、

「フィットネスクラブでは、一定期間内に必要回数通えば会費無料、でも来なければ有料」とか、


うーん、そう、そういう考え方ってこれからのお金の払い方ですよね!

的なものが満載です。


おすすめです。でも、邦訳買われたら、私より先に読み終えられちゃうかも。。↓


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略/クリス・アンダーソン

¥1,890
Amazon.co.jp

AD

かわい~ 広告

テーマ:

仕事の朝は、コーヒーが基本。


・・・じゃないですかね?!


今も、出社したら、とりあえずコーヒーを入れて、


PCの電源を入れて、


メールチェック。


到着してすぐにバリバリ仕事!とかできなくて、


出社時刻よりも少し早めに着いて、


頭を切り替えつつ

とるコーヒータイムが幸せ。


で、


取り込んだメールを開いて、


「かわいい~♪」と喜んでしまった、

旬なメール(一部)、というか写真、がこちら↓↓




ビジネスからNGOへの道→いや、NPOかも。-Barnes&Noble


やーん、


サンタさんがめっちゃネットしてるしww


確かに、サンタさんこそ、もっともヘルプ要りそう。この時期。


納期厳しいし。。。


お客さんの注文も多すぎるし。。。


サンタだってヘルプ必要なんだから、

あなたもギフト選びに困ってるよね!こちらをクリックしたらいいもの見つかるよ♪


的な広告なんですが、


(クリックするかどうかはまた微妙なのだが・・・)

思わず笑顔になってしまった、広告写真でした。

AD

ロサンゼルスも秋

テーマ:

もう10年以上ロサンゼルスに住んでいる人から、



「ロサンゼルスに紅葉はない!」



と言い切られると、

それはそれで寂しくなります。


紅葉をおっかけて東へ西へ・・・添乗員をしていた頃は、

「紅葉なんて燃えてしまえ(怒)」と思っていたのに、ね。



でも、


ふらりとオフィスの外に出ると、

はらはらと落ちるはっぱたちに気づきます。



ビジネスからNGOへの道→いや、NPOかも。-fall-la20091106

右端に、なんかやしの木っぽいのが見えるでしょ、


こういう、

紅葉とは関係ない木が青々としているので、

秋の季節感とは感覚がずれてしまうんですが。。。


それでも、


夕暮れのロサンゼルスは、本当にきれいな秋空になります。


毎日お天気のいい街って、

夕暮れもすっごくキレイなんだなー・・・と、初めて知りました。



10月から12月は、

日本から渡航してくる人の数が減る時期。


でも、

ハロウィン、サンクスギビング、クリスマス・・

イベントは盛りだくさんです。


キレイな夕暮れとあわせて、

この時期が、渡航にオススメかも!

初めてのハロウィン

テーマ:

通勤途中、


つぶれた靴屋さんだと思っていた場所や、

「ここって空き家?」と思っていた建物が・・・


急に、ハロウィン専門店にはやがわりして。


スーパーで大きなカボチャを売り始めて。


「今年は何になる予定?」と話し始めて、ハロウィンが近づきます。



日本にいたら、雑貨屋さんでハロウィングッズを見かける程度だったけど、

今年、初めてハロウィンを体験しました。



ビジネスからNGOへの道→いや、NPOかも。-カボチャ売り場
ショッピングモール、THE GROVEでのパンプキン市場



初めてのハロウィンの感想・・・・「いやいやいや、これって、イメクラかコスプレでしょ!」



私、もうちょっと無邪気なものかと思ってたんですけど。

子供が「Trick or Treat~♪」って、変身して家々を回る、節分みたいなイメージ。


もちろん、その文化もあって活発なので、

楽しそうな家族の姿も見かけたのだけれど。


それ以上に、自分の変身どうしよう、と考えて、ハロウィングッズショップへ行ってびっくりでした。


特に女性向けのコスチュームは、


・ナース

・ポリス

・審判

・姫系


とにかく、セクシー系の衣装ばっかり!

胸元が大きく開いたもの、スカートめっちゃ短いもの、

アキバ系のメイド衣装みたいなもの・・・


そこに群がる無国籍な人々・・・

せっかくなので、私も割り切って購入。


でもね、最初は大人のコスチュームを見てたんだけど、

サイズが大きすぎる!

どう考えてもぶかぶかでヤバイ・・・


そう思ったら、ティーン向けコーナーにあるじゃないですか!

12~14歳向けのぴったりサイズが。


年甲斐もなく、ネコになりました。


しっぽも生えて、大満足のハロウィンの夜。


これが終わると、サマータイムも終わり。

導入している州は、1時間、時計をはやめます。


迷いに変わりはないけれど、

私も、目の前のことだけ考えてたら、前に進めそうな気がしてきました。


今できることに、集中。