ラプラスのガンプラ箱
制作状況

・ジェスタ可変型 (HGUC ジェスタ)
・ネオ・ガンダム (旧キット1/100 ネオ・ガンダム)
・ドライセン・キャノン (HGUC ドライセン(袖付きver.))
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

ども。

 

今回は(はやりに乗じて)バンダイのビークルモデル「ミレニアム・ファルコン」です。

安い!箱のサイズはヨドバシの値段表からご想像ください。

 

 

このキット、何が話題になったかというと、小柄なキットとは思えないこのディテール量と精度。どうもこういった艦船模型的な極小モールドの集合体は古参の他メーカーに分があるように感じてしまうのですが、さすがのバンダイ、キッチリとしたモールドで埋め尽くされています。 

 

 

カラーリング再現用のシールが付属してきますが、ここは面相筆で。

このあとの作業を考えてやや明るめの色を使っています。

 

そしてタミヤの墨入れ塗料(ブラック)を筆で塗りたくり、

 

一気に拭き取り。

広い面はキムワイプ、狭いところは綿棒で。ガンプラより塗料はかなり残し目です。

 

 

墨入れ前後の変化がよくわかります。このキット、この作業がめちゃくちゃ気持ちがいいんです。

 

 

全面にブラックを塗ったあと。サイズはニッパー(画像はアルティメットニッパー5.0)より小さいです。このあと、同ブラウンも少し軽めに使って終了。本当に簡単フィニッシュです。

 

 

 

 

 

自分は正直スターウォーズにはそれほど明るくないですし、メカ自体の形状もそこまで好きではなかったのですが、このキットは間違いなくどんな人でも楽しめるかと。

 

 

皆さんも年末年始の休日にLet's try!!

 

では、良いお年を。門松富士山門松

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス