走れ牛タン!完結編

テーマ:

こんばんは、福岡県
遠賀郡 岡垣町にある
しあわせ・総合整体院の

開運力バツグンの整体師、
ハリーこと菅原有一郎です。

 

まずは定休日のお知らせ!

 

1月9日(火) 研修のため

1月21日(日)研修のため

1月23日(火)中津市出張

 

お休みの予定は確定する

度にこうしてお知らせします。

 

よろしくお願いします。

 

今回の記事はここから!

 

昨日の記事の続きです。

能天気な在日中国人、

仮名牛タンの列車の

乗り換えを手伝うことに

なりまして、

 

僕は自宅をはるかに

通り過ぎて、ちょっと遠くに

やってきました。

 

ほとんどノープランに

近かったので、駅員さんに

聞いて軌道修正を図ったのです。

 

ただし、牛タンの持っていた

謎のメモ書き通りに行くには

かなり厳しい事になりそうでした。

 

なんといっても、トランク

ふたつ抱えて、階段を下りて、

隣のホームに向かって、

 

最後は階段を駆け上る

という乗換に与えられた

時間はたったの2分!

 

しかも列車はすでに

多少遅れて運行中。

 

ロスタイムは1分と予想

出来ていました。

 

手ぶらであっても、100%

間に合うかどうか…

 

ひとりなら何とかなります。

 

だけど、呑気な牛タンを

連れて行かなくては

なりません。

 

八幡駅に着く手前から、

ドアの真ん前を陣取ります。

 

車掌さんの話によると、

この車両のこのドアが

階段のすぐそばになるはず。

 

トランクをひとつ持つことに

しましたが、そのグリップに

力が入ります。

 

さあ、そろそろ着くぞ。

 

『準備はいいな?人生最高の

 ダッシュだぞ!』

 

『うん、わかっているよ。

 まあ気楽に頑張ろう』的な

アイコンタクトでした。

 

ドアが開いた!

いざ、ダッシュだ!

 

ゲートは開いた、

サラブレッドのように

華麗なスタートを

決めようぞ!

 

いくぞ牛タン!とばかり

好ダッシュを見せました。

 

大股で3歩くらい走った所で

振り返って牛タンの位置を

確認すると…

 

なんと牛タンの奴、歩いている!

 

プチッという音が僕の

頭の中に響きました。

 

そして、牛タンのところに

駆け寄って、タカ&トシばりの

平手を一閃してやりました。

 

襟元をつかんで、

力任せに引きずります。

 

そして、生まれて初めて

英語で怒鳴りつけます。

 

"Time is only 2 minutes! 

 2 minutes only!"

 

でも、それでも「仕方なく」の

小走りしかしません。

 

トランクを引ったくり、推定

10キロ超の荷物を両手に

抱えて、死に物狂いで

走りました!

 

それでも牛タンの走りは

颯爽としてものではなく、

次の催促をします。

 

「Hally up ! We must hally up !

 I have to hally up ! 

 Dash fast now!」

 

もはや照れている場合

ではありませんでした。

 

周囲の視線など、もう

どうでもよかったのです。

 

ようやく走り始めた牛タン

ですが、それでも僕より

わずかに後ろにいる。

 

両手に荷物を持って顔を

真っ赤にさせながら、

英語で叫びながらホームの

階段を駆け上がります。

 

手も足も、もう乳酸が一杯です。

 

昔、陸上部で鍛えた体力は

面影もありません。

 

やっと列車の前に

辿り着いたと思ったら…

 

『ドアが閉まります!閉まる

 ドアにご注意ください。』

とアナウンスが流れて、

 

無情にも目の前でドアが

閉じてしまいました。

 

でも、遅れる訳にはいかない

と思った僕は、思わず平手で

ドアをたたきました。

 

すると運転手さんが、ドアを

もう一度開けてくれました。

 

ああ、助かった。

 

今考えるととんでもなく

大迷惑!

それもどれだけの人に

迷惑をかけたことやら。

 

僕と牛タンは空いた席に

座りこみました。

 

僕はすでに酸欠で

思考能力も、もう残って

いませんでした。

 

それでも、隣にいる牛タン

と分かる範囲での英語を

少し楽しんでいました。

 

そして、ついに門司駅に

つきました。

 

私さすがにこれ以上は

着いていくことはできない

と牛タンに伝えました。

 

すると、牛タンは

「ああ、今から家に帰るん?

 ありがとう。」

と言ってました。

 

しかし、僕は駅員さんに牛タン

のことを頼んでおかなければなりません。

 

牛タンは不思議そうな顔を

していましたが、駅員によって

タイムチャートは大幅に

書き換えられて、

 

広島経由で島根を目指す

ことになったようです。

 

駅員さんも非常にいい人で

任せてと言ってくれました。

 

僕は、帰りの列車に乗らないと

いけないから、当然ホームに

いたのです。

 

牛タンが缶コーヒーを買ってきて

僕にくれました。

 

「Can you tell me your name

  and address?」

(なあ、あんたの名前と住所

教えてよ、てか書いてくれ。)

とペンをよこしてきました。

 

僕は自分の持っていた

ルーズリーフを二つ折りに

して破り、漢字で住所を

書き込みました。

 

彼は島根医大の住所と

自分の名前を英語表記で

書いてくれました。

 

じつは惜しい事にこの後、

この紙をなくしてしました。

 

なかなか帰らない僕をみて、

『Could you like go home ? 

 I'll all right, now.』

(帰っていいんだよ。

 もう大丈夫だから。)

 

というようなことを

言われたと思います。

 

この時に初めて言いました。

 

『My home ? there is already

  past. so I'll wait train for

 back.』

 

(ここが地元だと思った?

 俺んちはもうとっくに

 通り過ぎたよ。今から列車で

 帰るよ)

 

と身振り手振りで話をしました。

 

すると、牛タンは目が輝いて、

自分のトランクを開けて、

僕に何かくれました。

 

これは明らかに指輪などの

貴金属をいれる化粧箱…

 

開けてみると毛沢東の

記念硬貨のようで、

24金とかいてありました。

 

「いかんって!?こんなのが

 欲しくて来たんじゃない!」

 

と日本語で言い返しましたが、

相変わらずスマイリーなまま

 

化粧箱を持っている僕の手を

自分の手で包むように握り、

私の目をじっとみつめて、

「謝謝!」と言いました。

 

結局私は、頂く事にしました。

 

で、本当は英語を勉強して、

牛タンのところに返しにいく

つもりだったのですが、

 

現実はそんなことも

忘れてしまって、

現在に至りまっす。

 

今では私の宝物になって

いますが、それを今回、

二十数年ぶりに出してみました。

 

それがこれです。

 

 

表面は少々錆がありますが、

きれいなものです。

 

あの時の誓いは儚くも

潰えてしまいまして、

その後も約3年にわたって、

 

穀つぶしの生活を続ける

ことになります。

 

親の立場からすると

たまったものではありません。

 

その後、職を転々として、

トラックに乗って配送する

仕事に就く事ができて、

 

毎月20~30万円家に

入れることができるように

なりました。

 

たまたま、これが

セブンイレブンの開業の

時期と重なって、

 

軌道に乗るまでの間

微力ながら資金援助を

することができました。

 

これですら親が持ってきた

仕事だったわけですが、

3年続けたことで、

 

両親に「店を継がずに

整体学校に行きたい」

という資格ができた

と思っています。

 

僕はあまりにも運が良くて

成功する義務がある

と思います。

 

この時期になる牛タンとの

出会いの後、変わっていない

自分に嫌気がさしてきて、

 

僕は無能感を感じずに

いられない事が時々あります。

 

自分との約束を守れる人

になりたいです。

 

今日も最後まで

読んで頂きまして

ありがとうございます。

 

人気ブログランキングに

参加中です。
押してくださると嬉しいです↓



 
お電話はこちら↓
しあわせ総合整体院
093-283-1914
(↑スマホの方はタップするだけでかけられます。)
☆お問い合わせ、ネットでのご予約はこちらをクリック☆

福岡県遠賀郡岡垣町海老津駅南2-3-1
※Googleマップに「しあわせ総合整体院」で検索!


鹿児島本線JR海老津駅から徒歩8分
駐車場完備、日祝ほぼ営業

↓簡単な地図はこちら。
(クリックすると拡大して見られます。)




全身整体 1回4000円
※捻挫などのケガの処置 1回1000円
足のむくみとり 2500円
ハリーの手相鑑定 2000円
内臓の調整 2000円 
頭蓋骨調整 2000円

総合整体 7000円

(当院で初めて施術を受けられる方は、
「初診料」を別途1000円頂きます。)


Facebookをされている方、
ぜひお友達になってください。

友達申請の時に、「ブログ見ました」とかコメントを
付けた下さるとめちゃめちゃ嬉しいです!
コメントがないものはスルーしてますので(-_-;)



菅原雄一郎
こちらのリンクです↓
https://www.facebook.com/yuichiro.sugahara

ツイッターもやっています↓
https://twitter.com/happyharry14