文京の坂道(東京坂めぐり) | 不動産未来ナビ

不動産未来ナビ

都市と住まいの未来を考え 情報を発信します


テーマ:

「妻恋坂」 文京区湯島


神田明神下 坂を登りきると[妻恋神社]



[妻恋神社] 


「その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征のとき、三浦半島から房総への途中で大暴風雨にあい、妃の弟橘姫(おとたちばなひめ)が海に身を投じて海神の怒りを鎮めたという。途中湯島の地に滞在したので、郷民が尊の姫を慕う心をくんで、尊と姫を祀ったのがはじまりと伝えられる。江戸時代には、妻恋稲荷の名で有名となり、王子稲荷と並んで参詣者を集めた」(文京区観光案内HP)


小さな神社で、参拝した夕刻社務所には誰もいませんでした。縁起ものの「夢枕」を販売する元旦は賑わうようです。


「胸突坂」


文京区本郷5丁目 本郷通りの高台から下って西端で菊坂に繋がります。名前のとおり写真の真ん中あたりからカーブしながらかなりの勾配です。文京区には胸突坂の名前の坂が三つあるようです。





「菊坂」

菊坂の西側に並行して走る「菊坂下道」には「樋口一葉旧居跡」と「宮沢賢治旧居跡」



下のバナーのクリックお願いいたします



建設・不動産業 ブログランキングへ


seiranさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント