大切な宝物さがそう

思い浮かんだことを、適当に書きます。
訳あって、スマホからしか投稿出来ません。技術もないので、稚拙で見づらいかと思いますが、時々覗いてもらえると嬉しいです!
よろしくお願いします。


テーマ:
三連休で、私は山口に来ています。
普段一人で食事をしている母が、私とご飯を食べるのをとても喜んでくれるので、時間を作ってなるべく山口へ来ようと思っています。




9月の初旬に、駒沢公園で北海道の虎太郎くんに会いました




いつもブログに伺っているので、初対面のような気がしなかったけど、一方、実際に目の前にいることが不思議でもありました。懐かしさに近かったかも。

虎太郎くんとナギは、外ではお互い警戒して柴的距離が必要でしたが、車に乗せてもらうと隣にいてもok!! 虎太郎くんは、車を完全に安全な場所と信頼している様子でした。





確かに車内はとても快適そうで、さすが旅慣れたしゅうさん、という工夫がいっぱい。北海道から本当にこうして車で来ることが出来るんだなぁ、と我が家の常識が塗り変えられた一時でした。

お会い出来て嬉しかったです。ありがとうございました。虎太郎くん、今度はナギが北海道へ行くねキラキラ






先日、1度だけ会話を交わしたことがある近所の方が救急搬送されました。

の方は、大震災があった3月11日の数日後、揺れにより自動停止したガスを復旧するため、庭のガスメーター前に立っておられました。

「自分で直せるんですね。知らなかった。さっき東京ガスに電話したら、自分でやって下さいと言われたけど、うちは年寄りしかいないから、分からなくて困っていたの。ありがとう」

復旧出来ないために、ガスを使わないまま過ごされていたと知り、災害時にはまずこのお宅に声をかけよう、と私は秘かに決めていました。



その家のお庭には、毎年紫陽花がたわわに咲いていたのに、今年は伐採されていたことが気になっていました。

たまたま、救急車に運び込まれる場面に遇って以来、心配しています。

急性期の治療を終え、是非また住み慣れたお家に帰って来て欲しいと願っています。








先週、横浜国際プールに、子どもの水泳のレースを観に行きました。子どもは大学3年生。本当にこれが、現役最後のレースでした。

大学生になってからは、親が行くのもどうかと思い、すっかり御無沙汰していたプール。応援の歓声、電光掲示板、アナウンスの声、スタートのピストル音、水しぶき、、、その光景全てが懐かしかった。



このプールで全中行きを決め、伸び悩みつつ体連で泳ぎ続けた高校時代、もう辞めると言っていたけど結局また大学でも競泳を続けてきた。

部の記録を少しだけ更新出来たという、その結果も嬉しかったけど、後輩たちが○○さん、○○さんと熱く応援してくれていたのが印象的でした。

中、高、大の3年ずつ、メンバーも運営方針も異なる水泳部の部活経験を通じて学んだことは、子どもの一生の宝物になるでしょう。









袖すりあうも多生の縁・・・・・・・




しゅうさん、虎太郎くん、いつかまたLOVE
・どうぞ早く退院出来ますように四つ葉
・頑張れ、水泳部員たちかお






・・・・・・・袖すりあうも多生の縁




平凡な毎日ですが、様々な出会いや出来事を、大切にしたいと思います。

ナギ 6か月


1歳


3歳











AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月下旬に2泊3日で山口から母が上京しました。足腰も聴力も体力もめっきり弱ってしまったので、兄が付き添って来ました。




子どもの通う大学に行ってみたいと言うので、入口で貰ったマップを片手に構内を散策。土曜日の午後で人が少なく、ゆっくりしか歩けない母には丁度良かったと思います。母が歩けるうちに連れて行くことが出来て、正直私はホッとしています。




2日目に泊まった椿山荘は、コネクションルームが予想以上に広く、伊東温泉の湯も楽しめました。レストランでは写真を記念カードにして渡してくれました。





母にとっては一年半ぶりの東京でした。5年前には独りで年に2回来ていたのに、体調を崩すことが多くなり、足元もおぼつかなくなって、もうとても単独では来れません。いつも、これが最後かな、と思うけど、今回はこれまで以上にそう思いました。




夜の庭園で蛍観賞






今年はピークが早かったとのことで、ポツリポツリとしかいない蛍に目を凝らしたけど、それがまた楽しく、ホタル探しに一時夢中になりました。




私は蛍を見た記憶がないので、もしかしたら初蛍かも? と思いながら、蛍ってこんな風に光るんだ!と感動。




椿山荘は、庭園を含めた施設の隅々まで手入れが行き届いていて、スタッフの対応も良く、快適に過ごせました。母も喜んでくれたので、親孝行出来たことが嬉しかったです。




来年も来れると良いな。
私はこれから毎年、母が居なくてもこの季節に椿山荘に泊まろう。
きっと、この時の母の笑顔を思い出せると思うから。




蛍に感謝です



部屋の窓から









AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末、母の福祉用具(杖)を手配するため、山口へ行きました。



その際、ちょっとドライブにでも行こうと、母と一緒に道の駅まで出かけ、さつま芋や梅干しなどを購入。
さつま芋は、丁度タイミングが良かったのか、一袋150円というお値段でした。



母一人では食べきれないほど沢山のお芋が入っていたので、私はその中から3本、家に持ち帰りました。



さあ食べなされ!!にこ
(一度にあげる訳ではありません)







人間用にはサツマイモご飯ナイフ&フォーク



皮を剥くのも切るのも、固くて大変だったけど、その分、ホクホクで甘くてとっても美味しかった~うまー!




ん?



固い?




そこで、私ははじめて、こんなに固いさつま芋料理など、母に出来るわけがないと気付いたのでしたガクリ




母は、サツマイモやカボチャ等の固い野菜を切るような握力はないし、しっかり踏ん張って立つ足腰の力やバランスもない要支援2。




何故、私は山口で母の分を作っておいてあげなかったのだろう?
手続きや、日常の困り事など、色々細かいところに気を配っているつもりでも、こんなに身近で基本的なことに気付かなかったとは、間抜け過ぎる、、、




「じゃ、私半分持って帰るねーぺこ」、なんて自分の分をさっさと取り分けて鞄に入れた娘の相変わらずの間抜けぶりに、母は呆れていていたかも知れない。笑って頷いていたけど。




お母さん、ごめんなさいううっ...





もう一つ、こんなこともありました。





「自宅に着いたら連絡してね」と言われていたので電話をかけ、
「飛行機が羽田に着くと、帰って来たんだなぁ、とほっとするわ。でも一方で、(山口から離れて)私はこんな所まで来てしまったと、少し淋しい気持ちにもなるのよね」と言うと、母は即座に、
「それで良いのよ。
 あなたは、小さい頃から東京へ行きたがっていたのだから、東京へ帰ってほっとする、そんな風に思えるならそれで良かったじゃないの」
と言った。




この言葉は、結構深く私の胸に残り、きっとこの先心が折れそうになった時、私を支えてくれるだろうと思います。





「それで良い」と母が言ってくれた。
何の親孝行もせず、さつま芋の皮も剥かずに帰るような娘なのに。





・・・ありがとう。お母さん。





だから私は、
私なりに顔晴るねキラキラ












AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。