9月5日の夜に台風21号が北海道を直撃。

次の日、6日の深夜には大地震が発生。

その後、丸2日間の「停電」となり、その後遺症は甚大なものとなりました。

 

我が家の近くの公園でも、多くの大木がなぎ倒され、無残な姿に

なっています。

地震から2週間がたち、最近やっと普段の生活を取り戻せつつあるといった状況です。

幸い、我が家は震災を逃れ無事に生活を続けていますが

突然、不幸に見舞われた方々は、先が見えない状況で途方に暮れていることと思います。

まさか自分のところにと、誰もが思っていたはずです。

 

電気の全く無い生活というものを始めて経験しました。

その時にいったい何が必要なのかも、分かりました。

あまり経験したくないことですが、良い教訓になりました。

人生何が起こるか本当に分からないものですね。