「マッスル英語コーチの吉川 俊男」です。

 

本日は、英単語の【数に関するの接頭語】を筋肉で攻略していきたいと思います。

 

bi: 2つの 例: bilingual 

tri: 3つの  例: triangle
quadri: 4つの 例:quadruped(4足獣 quadriからquadruに変化してます) 

これらの接頭語はラテン語が元になっているそうです。


このブログを見てくれている皆さんは上記の接頭語を覚えている方も多いかと思いまッスルが、試験で緊張していたりすると思い出せない事もあると思います。そんな時は筋肉を思い出して下さい!

 

以下は解説です。

 
【Biceps(上腕二頭筋)→二頭筋だけに2つ(長頭・短頭)に分かれている→biは「2つの」という意味になる】
*「ceps」はラテン語の「頭」に由来するそうです。二頭筋⇒2つの頭・こぶみたいな感じ。
 
【Triceps(上腕三頭筋)→三頭筋だけに3つ(長頭・内頭筋・外側頭)に分かれている→triは「3つの」という意味になる】
 
【Quadriceps (大腿四頭筋) →四頭筋なので4つ(大腿直筋など)に分かれている→quadriは「4つの」という意味になる】
*4つのについてはtetraもあります。例:tetrapod(四足獣、4 脚の消波ブロック、Aikoの歌、「ボーイフレンド」の歌詞で出てくる
 
筋肉をイメージする事で、bi、tri、quadriで間違える事はなくなりましたね!
(ちなみに体脂肪率が10%を切る辺りで筋肉がseparateして来ます)
 
更に重要なのは、試験の時にこのような筋肉の接頭語や単語が出て来た場合「(筋肉単語が出て来たから)今回の試験は俺と相性がいい。」、「今日は最高点行くんじゃないか?」自分を乗せていく事が出来る事です。
 
筋肉で英語の語彙を豊富にしていきまっスル!