□主催 未来創造音楽セッショングループ
『清水康之』&普通?でない主婦のおばあちゃん『吉井幸子』



れいわ新選組の『渡辺てる子』さんのお話しと、ケーナ&ピアノの生の演奏を聴きながら、ゆっくりとした時間を過ごしてみませんか?

★2019年12月7日 土曜日

・会場 阿佐ヶ谷ラフォーレ
・住所 東京都杉並区阿佐谷北2丁目13−16
・駅からの道順案内
・阿佐ヶ谷駅北口(改札出て左側)バスロータリーを渡り、右角「てんや」のアケードを突き当り,「なか卯」まで。左折するとすぐ左側に路地あり左折(行き過ぎに注意)。右側2件目が当スタジオです。

★タイムスケジュール

14:00 開場 バックミュージックに生のピアノ演奏
14:30 開演 演奏スタート
15:00 渡辺てる子さんの講演
16:00 休憩 リンバージャックデモ
16:15 質疑応答
17:00 少し演奏するかも:→終演

★料金 大人2000円 高校生以下 無料 

★保育ルームはございません。ご了承ください。

★狭い会場のため、予約制とさせて頂きます。先着順とさせていただきます。

★お名前、電話番号、ご予約人数を下記のお問い合わせ先までお願いします。 参加表明、FACEBOOKメッセージでも承ります。
また、下記の銀行振り込み先まで、よろしくお願いいたします。

【お問い合わせ】
・TEL 08032836609 (吉井)

【お振込み先】
・みずほ銀行、烏山支店、2787666
・普通口座 吉井幸子

※当日お支払いも受付いたします。



///////////////////////////////////////////////////////////

未来創造音楽セッショングループ代表の、ケーナ演奏家の清水康之と申します。 

今回のイベントは、吉井幸子さんと共同主催させて頂きます。

まずは主催者のひとりである「吉井幸子」さんのご紹介をさせて頂きます。

普通?でない主婦で、二児の、おばあちゃんです。

ケーナがご縁で知り会いました。ケーナ教室にも通われていた時期もあります。ケーナ教室の場を提供してくださいました。いろいろお世話になっています。

そんな吉井さんですが、昨今、日本の現状を憂い、春の杉並区議会選挙に出馬されました。健闘するも落選しました。
選挙費用の負債のため、経営されているお店もたたまざるを得なくなりました。

また、同時期、旦那さんが、癌に侵され、余命宣告を受けました。旦那さんのため、夜中まで、掛け持ちアルバイトのお仕事をされています。
自分のことだけでも、いっぱい、いっぱいのはずですが、今まで以上に元気に生きておられます。
その「粋な生き方」に胸を撃たれ、このイベントを共催する運びになりました。

私(清水)の、今回のイベントを開催する経緯となった考えは、こちらのPDFをご覧いただけると幸いです。

世の中、多くの人が様々な『生きづらさ』を抱えています。

今回のイベントでは、れいわ新選組の『渡辺てる子』さんをお迎えします。

サバイバルな『生きづらい』社会を生きぬいてきた(いる)体験談の『お話し』や、ワクワクした未来を創造するための『お話し』等、お客様皆様と拝聴させて頂きます。

また質疑応答の時間を多めに取らせていただきます。

◆講演 渡辺てるこさん

元派遣労働者・シングルマザー
女性労働問題研究会運営委員
レイバーネット日本運営委員
令和新選組より出馬するも落選。


https://www.facebook.com/teruchanhaken/


れいわ新選組ホームページより引用させて頂きます。

元派遣労働者・シングルマザー
女性労働問題研究会運営委員
レイバーネット日本運営委員

生年月日:1959年5月7日

1980年3月 武蔵大学社会学科社会学部を2年で中退
1985年 25歳の時に2人の子どもを残し、配偶者が失踪。シングルマザーとなる。以来、保育園の給食調理、保険営業等を経て、2001年に派遣労働者として企業に勤務。
2017年12月 それまで16年8ヵ月、働いてきた派遣先企業から一方的に雇い止め通告を受ける。
2015年8月には参議院厚生労働委員会に「宇山洋美」の氏名で、派遣労働者当事者として登壇し、派遣労働の実態を訴える。

私は25歳の時に、配偶者が幼子二人を残して失踪した時からシングルマザーとして人生の半分以上を生きてきました。

大学を中退して出産し、シングルマザーとなったため、正社員になることもできず、保育園の給食調理や保険営業等の職を転々とし、40歳を過ぎた時に派遣の仕事に就きました。
働きながらいくつもの資格を取得しても正社員にはなれないまま、16年8ヵ月も働いてきた派遣先企業から一方的に雇止めを受けました。

シングルマザー、派遣労働者という非正規で働く者。いずれも日本の貧困層の「代表」です。懸命に働いても暮らしが安定しないワーキングプアです。男女の著しい賃金格差、正規・非正規の従業員の待遇・賃金格差が貧困の最たる要因なのです。

ところが、その貧困の要因をシングルマザー、非正規労働者の「自己責任」だとする傾向が強く、若者は自分の行く末に希望を見出せずにいます。こんな悲しいことってあるでしょうか。
働く私たちに、必死に毎日を生きる私たちに、「自己責任だ」として政策の怠慢や無作為行為を容認してしまう政治を私はなんとしても変えたいと思います。「生きてきて良かった」と思える日本をつくりたいです。

◆演奏 未来創造音楽セッショングループ
ブラック企業経験から脱サラし、音楽に生きるグループです。
今回の演奏は、ケーナ演奏家、TRACK MAKERの清水康之と、作曲家、ピアノの井川宏樹の二人で演奏させていただきます。