里山の野鳥観察、霜降2℃の朝にモズがはやにえ食。。 | 野鳥観察写真63のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

野鳥観察写真63のブログ

早朝ウォ-キング中の野鳥撮影を主に掲載しています。
時には旅行、自然風景、動物写真などを日記として掲載します。

カメラはデジカメの望遠で撮影。

今季で一番の冷え込み、谷は霜降で一面白い。立木にモズ♂のはやにえ食。。

捕らえた昆虫を枝先にさしてから食する習性(はやにえ)食だ。至近距離5m先で。。

カメラから覗く光景は残虐だがモズの小さな猛禽類の証だ。

上空ではカラスがチョウゲンボウを追い払いながら飛び交う。かなりの迫力だった。

疲れたカラスは退散しチョウゲンボウも電柱で一休みパシャリ! 

ためいけにはハシビロガモが数羽の群れで。。この寒さにやはり冬鳥は強い。

ジョウビタキ、ツグミは平然としている。私はフ-ドを被り寒さを凌ぐが。。

さて、コロナのオミクロン株で警戒心が強くなる日本。次から次へとコロナ株が出て

行く先が不透明に。。正月過ぎまで現状維持できるのかと不安が高まるが。。

 

 

モズ♂。。はやにえの食事開始前。。5m先。。

 

枝先に刺した昆虫を捕食し始める。。

 

 

 

 

 

食後の立木に移り去った。。

 

ハシビロガモ♀。。数羽の群れで。。6m先。。

 

 

 

ツグミ♂。。谷沿いで。。6m先。。

♀。。顔の黒味が薄い。。

 

チョウゲンボウ。。カラスに大分しつっこく追われたが一休み。。5m上空。。

 

この後に飛び去った。。

 

池にイカルチドリペア。。10m先。。

 

イカルリチドリ♂。。

♀。。   

 

ジョウビタキ。。住宅街の電線に。。6m先。。

 

二羽に降りた。。。

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
野鳥ランキング