今日は何年ぶりかでウインドーショッピングをゆっくり回れた。

コロナで全然出歩かず、趣味の本屋さん巡りもできず映画も見れずストレスが溜まっている。

 

偶然ふらふらと歩いていた商業施設の中に、かわいい靴が置いていた。

値段を見ると全部500円だった。

靴の他にもカバンや服ズボン上着などがあってそれらも全部500円だった。

 

求めは3000円程度から10,000円越え程度のものもありいろいろあったが、どれだけオフになったって確実に500円では買えない商品だった。

会社員時代は、自分の自由になるお金がたくさんあった。

前髪カットも毎月理美容院も毎月言ってた。

クシをとくだけでそれなりにクルンとまとまる髪型に、いつも決まっていた。

 

今は2ヶ月に一塊程度500円の前髪カットに行っている。

後上はもったいないのであまり切らない。

 

服も靴も、家計から出ると思うとあまり積極的に買えないし、ましてや1着10,000円以上する服も買えない。

その時に500円均一の服や靴があってとてもうれしかった。

デフレを感じて少し申し訳なくなったが、自分の少ない使えるお金の中でも、選択肢がたくさんあって嬉しかった。

 

以前の自分が今の私を見たらどう思うかな、そんなことを考えながら自転車をこいでいた。

また改めてお金を握り締めて、500円の服を何着か買おうと思う。