今日のお写真はこちらからお借りしました


祝・勝利! 羽生結弦の新しい魅力たっぷりギャラリー

https://www.elle.com/jp/culture/celebphotos/g24645224/yuzu-figure-finland-181105/

 

本文にある写真のコメントがいちいち面白いですよー









さて、こちらの記事、かなり詳しくヘルシンキでの出来事が掲載されています!

フィギュアスケートGPシリーズ第3戦-「勝たないと意味がない」ヘルシンキ大会で羽生結弦がルール改正後の世界最高得点となる合計297.12点で優勝

https://victorysportsnews.com/articles/7258/original

   

一部抜粋


 羽生のメディア対応の素晴らしさは、何度となく取り上げられててきたが、今回の取材を通じ改めてその思いを強くした。マイクの設置のないミックスゾーンでの囲み取材では、彼を取り囲む人だかりのため至近距離までレコーダーが届かない記者への配慮を忘れない。「大丈夫です、声張り上げますから」と場をリラックスさせ、大きな声でハッキリと話してくれる。 


前日に競技を終えた選手へ翌日行う一夜明け会見、最終日に男子フリーが行われた今大会では表彰式後の記者会見に続いて行われた。ただ、エキシビションのフィナーレの練習を控えていた羽生には多くの時間はなかった。記者の間にも焦りと諦めのムードが漂うが、「それじゃエキシの練習の後でまた続きやりましょう」と羽生のほうから切り出したのである。試合後、表彰式、記者会見、囲み取材をこなしてから、エキシの練習に参加、その後自分の出番までの貴重な時間を我々のために割いてくれるというのだ。真に頭の下がる思いである。 

抜粋以上

こんなに周りへ気遣いが出来る日本の選手に、もし事実と乖離した失礼な記事を書く人がいるとしたら、目が曇っていて、心が闇に支配されているとしか思えませんね!


(羽生くんは全てが透き通っている)


羽生くんが、何故尊敬されるのかロシアのコーチが語っていますね

あれこれさん


2018/11/04 エレーナ・ブヤーノワ「羽生が尊敬されるのは、彼が楽な道を行かないからだ」

一部抜粋

「最も重要なことは、彼が二度のオリンピックチャンピオンでありながら、なお進歩し続け、より簡単に事をやろうとしないことです。彼は勝つという唯一のモチベーションを持って滑っています。このことには、ただ尊敬と賞賛の気持ちにさせられます」

抜粋以上


そして、ミーシンコーチからも賞賛が


2018/11/05 アレクセイ・ミーシン「羽生結弦は、ヘルシンキのグランプリ大会で天才的滑りを見せた」


「フィギュアスケーターは3つのグループに分かれる — 悪いスケーター、良いスケーター、天才的スケーターだ。最後のグループの代表者の一人、まさしく羽生をわれわれは今日見たのだ。そこでの羽生は、自分の技術におけると同様、誰かの振りをしようとしていないという点でも、非凡である。全ての武器を使いこなすことによって、彼は天上界の人のようなスケーティングを披露している」。ミーシンはこう語った。

抜粋以上


辛口のミーシンコーチからしても宇宙人なのかしら?


あまり使いたくない表現ですが、


羽生くんの滑りや個性は、


唯一無二なのでしょう。


 






 

多くの人からリスペクトされる羽生くん

平昌以降、彼が成し遂げたことの大きさを感じる…

そんな羽生くんが、今尚、進化を続ける姿を応援できるのは幸せ

その幸せを噛み締めて過ごしていきたいですね

 

 

 

 

 

 


 

最後までお読み頂きまして、

ありがとうございました

 

画像や動画は、

在り難くお借りしました。 

 

羽生君を応援している方

ポチっとして頂けると嬉しいです乙女のトキメキ