一部の者たちの間で、今か今かと長年待ち望まれてきたNESARAや豊穣化は、

ある時突然アナウンスと共に政府によって行われるのか?…などと想像していたが、

実際にはこのようなゆるやかな形で実現されていくのだろうか?

あくまでも、市民たちによる市民たちのための新しいシステムとして自然に切り替わる形で。

もしかしてこの動きも予め用意されていたシナリオの1つなのだろうか?

それとも、ただ陰に傾きすぎれば陽に戻っていく作用反作用の物理の法則であり、自然の周期なのか?

とにかく、もう一部の者たちが理不尽なやり方で富を独占する時代は終わったようだ。




ベーシックインカム 新しい人権



今日ヨーロッパでの経済危機の解決策は緊縮財政のようです。

しかし、人々はどんどん貧しくなっています。

製造業での自動化と金融機関による富の蓄積は、私たちの仕事へのアプローチを変えています。

より少ない人々で、より多くが生産されます。

失業率が急上昇し、有給の仕事はもはや全ての人々の権利ではありません。

良いニュースは、人間社会は歴史において、かつてないほどの富を生み出していることです。

しかしこの富は、過去、そして現在の仕事で生み出されている一方、

この富は市民の間で不均等に分配されています。

私たちはヨーロッパ市民として代替案を提案します!

それは新しいアイディアではありませんが、今は行動に移す時です。

これは、無条件ベーシックインカムと呼ばれています。

聞いたことがありますか?まだですか?

世界人権宣言の第25条ではこう宣言します。

皆が自分自身の家族の健康と幸福のために十分な生活水準を維持する権利を持つ

それには食糧、衣類、住宅や医療ケアや必要な社会サービスや失業時の補償の権利が含まれる。

まさにそれです。

ベーシックインカムは普遍的で、個人に無条件であるべきで、

人びとが尊厳を持って社会参加ができるように十分なものである必要があります。

人類へのこの新しい基本的権利は、不幸を根絶するだけではなく、

市場志向でない仕事を作り出します。

アーティスト、親として活動、ボランティアなどです。

またこれは、経済対策でもあります。

全ての人へのベーシックインカムは、ローカルビジネスの支援を意味します。

従って私たちは、完全に市民権を行使できるようになります。

では、どのように資金を用意しますか?

簡単です。

私たちはいくつかの提案をしています。

金融や高所得への課税、高級品と汚染製品の消費税、主に時代遅れになった社会公共関連サービスの

とっても長いリストを簡素化して、既存の資金から捻出します。

私たちの提案は、はるかに単純、平等、透明なものです。

誰も申請することなく、ベーシックインカムが取得できます。

しかし、もちろんもっとお金を求めて働くかは、あなた次第です。

私たちは現在、欧州市民イニシアティブとして公式請願を開始しています。

EU当局による私たちのマニフェスト検討を求めています。

さて、どんな取り決めでしょうか?

ます、最少7か国以上が参加する必要があります。

すでに15か国がキャンペーンに参加し、署名集めを準備しています。

うまくいけば、他国もすぐに参加するでしょう。

欧州委員会は、署名が100万に達した時に私たちの提案を考慮する必要があります。

受け入れた場合、ベーシックインカムの異なるモデルや支払額について研究が開始されます。

私たちはイベントを行い、地域グループを作り、盛り上げる必要があります。

ヨーロッパで新しいアイデアが拡がっていることを友達や知り合いに伝えて話題にしましょう。


$アラフォーママの日記 

----------------------------------------------------------------------------


スイス: ベーシックインカム導入の是非を問う 国民投票実施へ




カネという麻薬を必要としない社会への第一歩は、まずは公平に分配し安定させる。

その土台を作り固めておくことが必要なのだろう。




日本国内でもこういう説明会があったのね…こんなにも。知らなかった。。

アラフォーママの日記  アラフォーママの日記 

アラフォーママの日記  アラフォーママの日記 








日本もそろそろ奴隷支配から抜け出せるのか?




ベンジャミンF氏
≪2013/10/29 VOL244≫
http://benjaminfulford.jp/

第三次世界大戦を勃発させて、自分たち一族の世界独裁政府を立ち上げようとしていたサバタイ派マフィアらの失脚は確実なものとなってきている。
この状況に伴い、靖国神社をアジトとしてきた彼らの下請け売国奴やくざの幹部も逃げ回っている、と真の尊皇派右翼筋やグノーシス派の幹部は話している。

また、自民党奴隷役者軍団を当選させた昨年暮れの総選挙不正疑惑の裁判が先週10月22日に行われたのだが、原告側の関係者筋は『裁判を担当している東京最高裁判所の斎藤隆裁判長は、自身の女装癖をネタにサバタイ派マフィアの残党に脅され、裁判結果を捏造しようとしている』と主張している。
先日、事実確認のために東京最高裁の広報担当のもとを訪れたのだが、返答は『それについて話すつもりはありません』というものだった。
つまり、裁判所は肯定もしないが、否定もしていない。
いずれにせよ、日本の奴隷政府の上に立つ外国マフィアは世界各国で集中攻撃を受けている。
近い将来、彼らによる日本の奴隷支配も必ず終わりを迎える。



【 サバタイ派の衰退 】
これまでにサバタイ派の人類大量殺戮に関与してきたイスラエルのネタニヤフも、相当に追い詰められている模様だ。
ヴァチカンの上部組織であるP2ロッジの幹部やグノーシス派幹は、『ネタニヤフの命も、そう長くはない』と話している。





どうやら、先陣を切って金融業界からクリーンアップキャンペーンが始まったようだね。



内閣府副大臣「反社会勢力との金融取引排除を」 財務局長会議
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL310I0_R31C13A0000000/

金融庁が3メガ銀行に一斉検査 11月5日から、暴力団排除など重点的に
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131029/fnc13102919190015-n1.htm

オリコ社長「反社会勢力排除に全力」 融資巡り陳謝
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL300KH_Q3A031C1000000/

みずほ銀行:反社会的勢力との関係遮断に向けた取り組み強化について
http://www.mizuhobank.co.jp/antisocial/index.html



アメリカでも、金融マフィア追い出し作戦中。


暴力団マネーに包囲網、米大統領令でアメックス凍結
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MUWD896K50YF01.html




金融業界だけでなく、これまで癒着のあった一般企業も後に続くのか?


根深き暴力団との癒着
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111013/223178/

$アラフォーママの日記 








富を独占し世界をコントロールしてきた一握りの者たちは、カネが無くなるとパワーが無くなる。

しかし、もともとカネを持っていない一般市民は、カネが無くてもパワーがある。

ハッピーパワーが常に全開、最強なのだ。


恋するフォーチュンクッキー♪ ロンドンバージョン(笑)

みんな陽気でいいねぇ~(°∀°)b 
カネは無くとも、おバカでいるのが一番ハッピーなのだ♪