見分け方

テーマ:

こんにちは!

ネッツです!

 

今日は「何となく雑学」

毒の強いサソリとそうでないサソリの見分け方。

 

毒の強いサソリはしっぽの先が大きく発達していて毒針が大きく

対照的にはさみは小さく弱々しいという傾向があります。

 

逆に毒の弱いサソリははさみが大きく発達しているケースが多いようです。

 

これはサソリ同士の争いや、獲物を狩るのに

主に毒を使うか、はさみを使うかによって進化が分かれたのだと考えられています。

 

ちなみにあくまでも傾向ですよ!

しっぽがちっちゃいからって毒がないわけではないので

もしサソリを見つけてもうかつに触ったりしないでくださいね。

 

そして「日本にサソリはいない。こんな話が何の役に立つのか?」

と疑問を持ったそこのあなた!

その通りです!日本に住んでいる限りサソリとの遭遇率は

限りなく低いです。しかし!

 

人気の海外旅行先であるオーストラリアなんかでも

サソリの被害例は多いです。

また、日本にいてもペットとして飼われていたものが逃げ出したりするケースもあります!

そうしたものが地球温暖化の影響で越冬したり

日本に定着する可能性だってなきにしもあらずですよ!

そんな時知識はあっても邪魔にはならないはずだ!

 

というわけでお仕事とはなんの関係もない

ネッツの「何となく雑学」でした。

おそまつ。

 

 

AD