デスクトップ | .

.

.



自宅の机の上は、ほとんどがパソコン関連のインターフェイスで埋まっています。

日進月歩のパソコン本体などとは少し異なり、
こういった入力機器は最新の製品が、必ずしも良いものとは限らないために、
良いモノとの出会いは意外と貴重だったりもします。

デジタルというと常に新しいなにものか、
という雰囲気があるように思いますが、
キーボードとマウスという基本的な組み合わせができてから、もう半世紀。


ちょっとした文房具と同じだけの歴史があるだけに、
その種類も膨大ではありますが、
機能的には大体のものが出尽くして、
自分のイメージに合ったものを選びやすくなっているのではないでしょうか。

適当な安いモノを買っておいて、
壊れたら、汚れたら、買い換える、という方法も、それはそれで良いものではありますが、
良い文房具をそろえるのと同じように、
こういったインターフェイスも、良いものを選別して、
それを長く使っていく、というのもひとつのありかたではないかと思います。