奥日田オーバーナイトリレーマラソン大会 | 百日草(走)

百日草(走)

多様な現代社会で【自分らしく】生きる。いや、生かされているんだろうな~
木々の成長は様々である。沙漠と言うわれる環境下でも生きている草木は多くある。揺るぎない大地に根ずく為、変化の激しいスピード社会。
僕が走るれば誰かの希望の種になるし、己も成長する。

令和元年八月十七日午後六時にスタートされた
「奥日田オーバーナイトリレーマラソン」のソロ部門で参加してきました。

こんな時期の大会参加は初めての経験。
それもナイトラン。
肉体を酷使しまくる企画にしか思えなかった。
ましてグルグル周回は一番の苦手。

なぜだかポチった俺。
その訳は・・・
否定するのは簡単だが、行うのは難儀なこと。
まして阿蘇ラウンドトレイル以降、走れない日々が続き安全が確保された場所を求めていたのでしょう。

参加するにあたっての目標は、
●㌔5分30秒で50km以上走る(歩く)

結果は、

甘くなかった!
予定の二倍以上かかりました。

正直、八月に入ってから練習でも10km以上走ったのは数回。
15km以上はなし。
走る前から予測されていました。

今回の個人的課題はもー一点あり、日田駅~会場まで走って行くことでした。
往路は13km完踏さしましたが、
復路は6km過ぎでダウン・ギブアップしました。
この原因は提供された朝食がのどを通らなかった為のハンガーノックだと考えられます。
前日から水分補給はまめに行っていたのですが、食事の量はかなり少なめだったと反省しております。

やはり、長距離・長時間の克服には『御飯』しかないとつくづく感じました。

いつも最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございます。