サンマを食べて健康サポート!内臓も食べてヘム鉄パワー | 【浦和 くら整体院のブログ】

【浦和 くら整体院のブログ】

浦和唯一の自律神経&カラダの痛みの整体院 首こり腰痛専門!カラダに関する知識の向上とさらなる進化をみな様にお届けいたします! 詳しくホームページをご覧下さいhttps://kuraseitaiclinical.com/ LINE登録をされますと健康情報とお得なサービスが定期的に配信されます!


の代表といえばサンマ。近年は不漁続きで“高級魚化”しつつもありますが、やはり食卓で楽しんで秋を感じたいですね。「秋刀魚」とも書きますが、その漢字が当てられるようになったのは大正時代だそうです。


さて

今回はサンマの栄養について!

日本食品標準成分表2020年版(八訂)によると、サンマ(生、皮つき)100グラムあたりで脂質25.6グラム、エネルギー量は287キロカロリー。トロ(マグロ)に匹敵する高エネルギーです。

サンマに含まれる脂質は

DHA(ドコサヘキサエン酸)

EPA(エイコサペタンエン酸)

脳、神経、目、心臓、血管を守ります
抗アレルギー、抗うつも期待できる
特に皮と中身の間に豊富にあるので、しっかり焼いて皮も食べたいですね🙄



目や皮膚の粘膜を強くして免疫力を高める働きがある

ビタミンA(レチノール活性当量)が16マイクログラム


「貧血」が気になる人が摂取したい

ビタミンB12が16マイクログラム


が1.4ミリグラム、カルシウムが28ミリグラムとバランス良く含まれています。

ちなみに魚や肉の鉄は「ヘム鉄」と呼ばれます。植物性食品の小松菜やホウレン草、卵や乳製品などの「非ヘム鉄」と比べ5倍の吸収率と言われています。




新鮮なサンマは、しっかりと火を通せば内臓も味わい深く楽しめます。

サンマは「無胃魚」と呼ばれる胃のない魚で、食べたものを短時間で消化し、排泄できるためです。日中にプランクトンを食べて、夜は何も食べないのがサンマの習性。漁は夜間に行われるため、獲れたサンマの内臓は空っぽの状態。他の魚と比べると苦味がなく、おいしく食べることができるのです。

※ちなみにDHA、EPAのもとはプランクトンなんです🌊


まとめ

サンマはおいしくて栄養豊富、ちょっと高くなってるけど週に1回は食べたいですね!




新鮮な見分け方は次の3つ

尾の付け根や口の先が黄色いものは脂がのり、おいしいと言われています。店頭で見る際はチェックしましょう。

1. 口先と尾:黄色いものを選ぶ
2. 腹:太くてハリがある
3. 目:黒目の周りが透明で澄んでいる

おいしい食べ方としては、やはり
塩焼き

家庭では魚用グリルでパリッと香ばしく焼くのが良いですが、使用しない場合は市販の魚焼き用ホイルを使うとフライパンでもおいしく焼けます。ホイルがなければ、直接焼いても良いでしょう。くっつくのが気になる場合はフライパンに少量の油を引くと、皮がはがれにくくしっとりとした仕上がりになります。サンマから脂分が出てくるので、油の量は適度に調整してください。


水産庁が2021年7月30日に発表したサンマの漁況(2021年8~12月、道東~常磐海域における海況及びサンマの漁況)についての見通しによると「漁期を通じた来遊量は昨年を上回るものの、一昨年(2019年)を下回る」と取りまとめています。漁獲量は大漁とは言えず、まだまだ価格が高いサンマですが、栄養たっぷりの旬の味覚を味わいたいですね。


【浦和 くら整体院】

LINE@登録していただけますと整体の簡単な

予約ができるほか

無料で相談、健康情報!お得なサービスもご案内させていただきます。

整体をご依頼の場合はそのままご予約を!

登録のみの方は登録後に一言でよいのでメッセージをお送り下さい!こちらで承認いたします!

こちらから⬇

 

【さいたま市浦和 くら整体院

【浦和唯一の自律神経&カラダの痛み整体院 首肩こり腰痛に加え不定愁訴や更年期も】