18日は、以下の試合を観戦。この試合で、
ベレーザは、いつも皇后杯で苦杯を舐めてい
るアルビレックスに見事リベンジを果たした。

日時:2017年11月18日1415JST kick off
大会名:第39回皇后杯・全日本女子サッカー
               選手権大会・準々決勝
対戦カード:日テレ・ベレーザ
                       対アルビレックス新潟
                           レディース
会場:栃木県グリーンスタジアム
試合結果:前半0-0
                    後半1-0
                    合計1-0
得点者:70分(ベレーザ)植木(PK)
シュート数:9本対3本(手元集計)
枠内:4本対0本(手元集計)

1.得点場面
   PA右からの中村のクリアボールが、PA前
   右の植木にわたる
   →植木がPA右に運ぶ
   →PA右で中村が植木を倒し、PK
   →植木がPKを右に蹴り、福村が動けず
       決まる

2.メンバー(括弧内は前所属)
(1)メニーナ
    1  山下杏也加(村田女子)
    4  土光真代(メニーナ)
    5  隅田凜(メニーナ)
    6  有吉佐織(日体大)
    →65分19植木理子(セリアス)*
    7  中里優(メニーナ)
    9  田中美南(メニーナ)
    10籾木結花(メニーナ)
    13宮川麻都(メニーナ)
    14長谷川唯(メニーナ)
    20阪口夢穂(アルビレックス)
    22岩清水梓(メニーナ)

(2)アルビレックス
    1  福村香奈絵(常盤木)
    3  中村楓(常盤木)
    4  渡辺彩香(INAC)
    7  園田瑞貴(CIENCIA)
    8  大石沙弥香(ペルーレ)
    10上尾野辺めぐみ(CIENCIA)
    11佐伯彩(ペルーレ)
    13川﨑咲耶(常盤木)
    →73分39小島未玖(JFAアカデミー)
    14小原由梨愛(常盤木)
    15阪口萌乃(CIENCIA)
    17久保田麻友(日体大)

3.システム
(1)ベレーザ
①~65分(攻撃時):4-2-3-1
                              田中
長谷川                  籾木                      隅田
                    中里            阪口
有吉            宮川          岩清水          土光
                             山下

②~65分(守備時):4-4-2
                    田中            籾木
長谷川         中里            阪口            隅田
有吉            宮川           岩清水          土光
                             山下

③65分~:4-4-2
                    植木            田中
長谷川                                              籾木
                    中里            阪口
土光            宮川          岩清水          隅田
                              山下
    
(2)アルビレックス:4-4-2
                    川﨑            大石
             (78分園田)
園田                                                   佐伯
(78分小島)
                    阪口        上尾野辺
渡辺            中村          久保田          小原
                             福村

4.試合展開
(1)前半
    3分(ベレーザ)、右クロスゾーンからの
田中のクロスから、PA中央で阪口がヘディン
グシュートを放つが、福村にセーブされる。
    10分(ベレーザ)、PA前中央からの籾木
のパスを、ペナルティアーク右で受けた長谷
川が、ペナルティアーク左の中里とのワン
ツーでPA右に侵入し、シュートを放つが、
ゴール左に外れる。
    17分(ベレーザ)、PA前左で福村のキッ
クを拾った長谷川がシュートを放つが、福村
の正面に飛ぶ。
    21分(ベレーザ)、PA前中央からの長谷川
のパスを、左クロスゾーンで受けた田中が
PA左に運びシュートを放つが、福村にセーブ
される。
    32分(ベレーザ)、籾木の右CKから、PA
左でFPがクリアしたボールを、PA前中央で
拾った宮川がシュートを放ち、ボールはゴー
ルマウスに向かうが、FPにブロックされる。
    33分(アルビレックス)、ミドル・サード
中央で長谷川からボールを奪った阪口が、
PA前中央に運びシュートを放つが、ゴール
左に外れる。
    35分(アルビレックス)、PA前左からの
阪口のFKから、PA中央で園田がヘディング
シュートを放つが、ゴール右に外れる。
    36分(ベレーザ)、PA中央から阪口が
フリーでシュートを放ち、ボールはゴール
マウスに向かうが、渡辺にブロックされる。

(2)後半
    58分(ベレーザ)、PA前中央のペナルティ
アークでボールを奪った田中が、PA前左の
有吉にパスを出し、有吉がシュートを放つ
が、ゴール右に外れる。
    70分(ベレーザ)⚽【1.参照】
    71分(ベレーザ)、ミドル・サード左
からの土光のパスを、PA前中央で受けた
田中がシュートを放つが、FPにブロックされ
る。
    84分(アルビレックス)、PA中央で土光
が佐伯を倒すが、PKをとられず。
    90分+2(アルビレックス)、後方からPA前
中央の園田へのパスを、宮川がクリアするが
ペナルティアーク左に走り込んだ大石が拾い
フリーでシュートを放つ。しかし、ゴールの
わずか左に外れる。

5.ベレーザの勝因
①ベレーザの選手間の距離が近く、ボールを
失ってもすぐに奪い返すことができたこと。
②ベレーザがボールポゼッションでアルビレ
ックスを圧倒し、多くのシュートチャンスを
作ったこと。

6.MIP
①選手名
    長谷川唯
    
(出所)一般社団法人日本女子サッカーリーグ
                公式ホームページ

②選出理由
    豊富な運動量を生かし、何度もボールを
奪った。パスの質も高く、アタッキング・
サードでは相手の意表を突くパスを供給し
た。さらに足を止めずに常に次のパスコース
に動き、相手からのプレッシャーがかかり
にくい位置でパスを受けていた。そのプレー
はバルサ時代のシャビのようであった。
    
7.その他の印象に残った選手
(1)ベレーザ
①田中美南
    前線で仕掛け、植木のPK獲得のきっかけに
なるシュートを放った。

②植木理子
    決勝点となるPKを獲得した。

③阪口夢穂
    積極的に前に出て、2度の決定機に絡んだ。

(2)アルビレックス
①中村楓
    ベレーザに押し込まれるなか、カバーリン
グに奮闘した、ただ失点に繋がるクリアミス
ファウルを犯してしまった。

②福村香奈絵
    好セーブを見せ、最小失点に抑えた。

③渡辺彩香
    阪口の決定的なシュートをブロックし、
最小失点に抑えることに貢献した。

AD