自身の内側に意識を向ける

 

 

始めのうちは 頭の中のおしゃべりにも気がつかない

 

 

そのうちに そのおしゃべりに気がつき

 

 

それが自分の外のことに対することで

 

 

それはとめどなく続いていることに気がつく

 

 

意識することで 

 

 

感情や 心の揺れ それがどこからやってきているのか

 

 

どこにあるのか知ることができ

 

 

そこから発せられ 広がる自分のあり方 人格をみる

 

 

首のあたりの感情からの人格

 

 

ハートの辺りの感情の人格

 

 

そして腹部奥からの 喜び 無邪気さ 遊び心満載のどこまでも広かっていくような感覚

 

 

どの部分からも そこから上昇するエネルギーから または広がるエネルギーから

 

 

在りようをつくっているが

 

 

身体の下部からのエネルギーは 上部にあるエネルギーを包み 癒すこともする

 

 

感情からの人格は やや頑なで 攻撃的な面を持ち合わせ 融通がきかないところもある

 

 

 

シャープな感じ 

 

 

 

 

ハートからの人格は 喜びが加わり 幅と安心感を増す

 

 

腹部奥からの人格は 喜びに溢れ 

 

 

ハートのつまりを溶かし

 

感情を癒す

 

 

人格という枠が 捉えられない

 

 

柔らかさ 安心感 喜び

 

 

そのエネルギーは 包み込む

 

 

どの自身であることもでき

 

 

どの自身を楽しむこともできる

 

 

より繊細な 自身の内側の感覚に 耳をすませてみると

 

 

自分自身が守られていることにも 気がつきます