皆さま、こんばんは

 

 

今日は リストラティブヨガの養成講座に参加してきました

 

 

リストラティブ ヨガは

 

 

リラックスする事を 目的としたヨガです

 

 

筋力を使う事と ストレッチ どちらも70%行うこと

 

 

それが 大切とされているそうですが

 

 

印象としては ほどよく 力を入れる事もストレッチも心地の良い程度に

 

 

呼吸が楽にできるポーズをする

 

 

それを 1分〜10分程度 維持していく

 

 

それが大切だと感じました

 

 

ポーズをとっている間は だんだんと意識の奥深くに入っていく感覚

 

 

眠りに近い状態を維持していきます

 

 

これは 瞑想状態とも共通しているところだといえるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚醒している時は 五感が 敏感に働きます

 

 

そして この五感は 生きていることを 実感し

 

 

喜びを感じる 生きている事を自分自身で認識する瞬間でもあります

 

 

しかし 身体が休息を希望していたり

 

 

ある刺激が 不快であるのなら

 

 

心や身体は休まる事ができず

 

 

過敏状態のまま居続けることになります

 

 

 

このヨガでは できるだけ五感からの刺激が少なくするように促されます

 

 

自分自身の内側を見つめ 奥深く入るときには

 

 

周りの環境を整えることが大切です

 

 

自分自身の内側の 静かな領域 安らぎの感覚に意識を向け

 

 

海の深くに在るような そんな状態を感じていきます

 

 

副交感神経優位の状態であるといえるでしょう

 

 

 

日常生活では 五感を鋭敏にすることも

 

 

 

この副交感神経を優位にすることも

 

 

どちらも大切で バランスをとることで

 

 

覚醒は明確となり

 

 

ものごとは よりクリアに捉えることができるのだと感じます