何があったわけでもないのに

 

 

悲しみがあったり 悔しさがあったり

 

 

自分が何か傷つけていまったんだーとか

 

 

恥ずかしいことしたから 笑われているんだとか

 

 

そんな妄想を信じて

 

 

悲しみを感じていることがある

 

 

 

そんな時にも

 

 

自分自身の奥底 どこかの部分では

 

 

「いやいける」

 

 

なんだかわかんないけど 楽しいぜ

 

 

なりたい世界が広がっている感じがするって

 

 

感じている部分がある

 

 

それが ほんのささやかな 一部分であったとしても

 

 

それを 感じきって どんどん広げていく

 

 

身体のあらゆる部分で感じて

 

 

それになりきる

 

 

それは未来からやってきて

 

 

そうなっている自分は もう間近にある

 

 

感じて現実をつくること

 

 

インスピレーションって

 

 

こういうこと かな