皆さま、こんばんは

 

 

吉川 結希です

 

今日は 今 関わりを持たせていただいている

 

99さいの女性のお話をしたいと 思います

 

★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー

お孫さんと二人暮し

 

日中はお孫さんはお仕事のため ほとんど お一人暮し

 

ベッドの上で大半の時間を過ごされています

 

認知症症状はほとんどなく

 

自分自身の身の回りのことは ご自身でなさいます

 

そんな 女性の言葉 これまでの人生 です

 

★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー★ー

 

 

 

 

戦争に対する ご苦労の話は すざまじく

 

旦那さんは 戦争にて 亡くされました

 

女一人で 何もない中 中国から引き上げ 

 

どこにつくのかわからない船に乗り

 

九州にて 子供を育てた苦労

 

生き抜く中で 共に生き延びてきた

 

他の母や子供達

 

その中で 力つきる 人々

 

 

「戦争だけは 嫌ですね」

 

と何度もおっしゃいます

 

 

 

 

 

 

 

〜自然の中で育んだ丈夫な身体〜

 

そして 今では 体験できないような 豊かな時間を持ち

 

しなやかに 健やかなお身体を育まれたことにも

 

ご自身で 気づいていらっしゃいます

 

 

それは 家の近くにあった 湧き出る温泉で作った

 

露天風呂

 

 

 

 

 

地域の人たちは お互いに配慮しながら 

 

 

混浴の温泉を利用していたそうです

 

 

 

 

お茶の産地にて 家族やみんなで 茶摘みをし

 

お茶の葉をもみ

 

その お茶の香ばしい香りの中 楽しい時間を過ごしたそうです

 

 

そして 今でも 良いお茶を 自身の贅沢とし

 

楽しんでいらっしゃる 一日に5〜6杯は飲まれます

 

 

お茶は 殺菌作用があると言われていますので

 

元気の要因だと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

お孫さんを育てることになったのですが

 

 

それが、生きる原動力になった

 

生きなければいけない理由ができたのだとおっしゃいます

 

 

そして、生かしてくれたことに感謝されます

 

 

 

〜自分のことが自分でできる〜

 

今でも

 

ご飯が美味しく 夜よく眠れて

 

ベッドにいるけど 嫌な気持ちになることなく

 

「おかげさまで ここまでこれました もう生きすぎましたね」

 

と笑顔でおっしゃるのですが

 

「また、お話を聞かせてください」というと

 

笑顔で喜んでくださいます

 

 

「ありがとう」が絶えない方です

 

 

 

 

今までの苦労も 自分自身を生かしてくれたものと 感謝されています

 

 

 

自分自身のことが自分でできること

 

大きな生きがいです

 

好きなものを、好きなだけ食べられるのは

 

大きな生きがいです

 

 

そのことを 十分に 謳歌し

 

楽しむことができる人生は

 

幸せな人生と言えるのかもしれません

 

 

感謝であふれた人生です

 

 

もう一つ 素晴らしいことは

 

 

お肌が 大変美しいということ

 

モチモチしていて

 

乾燥がありません

 

 

痒みがありません

 

これは 大切な要因です