皆さま、こんばんは

 

 

 

吉川 結希です。

 

 

 

この世を去った魂にとって もっとも軽やかな 清々しく クリアな状態とはなにか?

 

 

 

それは この世に残すものが少ない ないということ

 

 

 

この地球に置いていく 思い 心残り こだわり 自分自身の一部だと思うものが

 

 

 

少ない ない ということ

 

 

 

地球に残された 私たちにとって

 

 

愛するものが去るということは

 

 

悲しく 憤りさえ感じることかもしれません

 

 

「なぜ、置いていってしまったの?」

 

 

「逝ってしまったら、私は生きていかれない」

 

 

こんな思いは この世を去る魂を 引き止め

 

 

 

「あの人が悲しんでいる、地球を去るわけにはいかない」

 

 

とあの世への階段を進むことを困難にさせることがあるかもしれません

 

 

 

かといって、全く悲しまないとかえって

 

 

「誰も悲しいでくれてない!!!」と

 

 

心残りを抱く場合もあります

 

 

その方によりますが 必要以上の心配は

 

 

 

あの世への上昇を困難にさせることでしょう

 

 

 

この世で感じられる 次元と呼ばれるものがあるように

 

 

あの世には何層にも 純度が違う領域があります

 

 

クリアになるほど 言葉での表現は難しいものです

 

 

思考は使わない領域です

 

 

 

地球に置いてくるものなく 満たされた状態で

 

 

地球での役割は終えて 戻っていくのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリームウォーカーとは

 

あの世とこの世を結ぶもの

 

「死」に関して言えば

 

死の移行期にある方の

 

側に寄り添います

 

ただ 側に寄り添います

 

何も変えようとはせず

 

ただ 側に寄り添います

 

 

ドリーム ウォーカー

 

 

星最高の人生を送るための個人セッション

 

星欲しいものを手にいれるシンクロタイズセッション

 

 

 

星ドリーム ウォーカー デス スクール

矢印①12月8日・9日・10日 長野県野辺山にて開催

 

星各種 スクールのご案内

上向き矢印

・シンクロタイズ スクール

(現実の創造についてのスクール)

・ドリーム ウォーカー バーススクール

(両親と生まれてくる赤ちゃんをつなぐガイドのためのスクール)

・セクシャルエナジースクール

(トラウマ・虐待・心の傷についてのスクール)がございます。

 

AD