術後2年経過

テーマ:
舌ガンの手術から無事に2年目を迎えました。

正確には6/9が2年目だったのですが、今日6/20が2年目の節目の検査でした。

無事に合格しました!

本当はね、
無事に2年間生きられるとは思っていなかったんです。

2年間振り返ってみると、術後の地獄はもちろんですが、その後も、辛くて苦しい日々が多くありました。

…長かった。

正直、超順調!という2年間ではなく、1年半を経過する頃までは口内の異変も多くあり、何度も予約無しで主治医の元へ半泣きで駆け込む事もありました。

それ以降も、他の不調が出てしまい食生活を更に変えたり、免疫や体力を上げる為に、毎日1時間走るようにしました。

ガン宣告と治療のショックで精神性の高血圧になってしまい、投薬する事になった降圧薬は未だに続いてしまっています。

主治医の大病院が遠いので、ガンを最初に見つけてくれた地元の口腔外科の歯科医が2年間ケアをし続けてくれたのは心強かったです。(先日終了しました)
感謝しています。


生きている事に感謝し、人との出逢いに感謝し、1日1日を善く生きた楽しい2年間でもありました。

病になり、今までの私には見えていなかった『幸せ』を多く感じる事もありました。

あ。
あまり人に腹が立つ事も無くなりましたよ。
折角生きてるのに、怒ってる時間が勿体無いし、私自身の免疫がストレスで下がるのは面白くないなって…。

もう2年。
まだ2年…。

まだまだ経過観察は続きます。
検査もあります。

主治医からは『あくまでも今無事だという事を忘れないで。今後の事は医者にも誰にも解らない事だから』と、いつもの話がありました。

あまり気を抜きすぎないよう気を付けて、これからも1日1日を無理せずゆっくり善く生きます。

次は、目指せ元気に3年目。

よろしくお願いします。