【読み聞かせ】リブロ

テーマ:
2/17(土)リブロひたちなか店へ読み聞かせに行っていました。


当日は常連さん半分、初めましての方半分という感じでした。

ありがとうございます。
感想もありがとうございます。

読み聞かせをしていて嬉しい事は沢山あって、お客様の笑顔や拍手・感想はもちろん一番嬉しいのだけれど、読み聞かせ後に、読んだ絵本の作者や出版を聞いていただけたり、プレゼントに購入したいって言っていただけるのも、すっごく嬉しいです
この絵本の魅力が伝えられた。読者さんに繋げられたな~」って嬉しくなります(^^)

■読んだ絵本はコチラ
・きらきら
・さっちゃんのてぶくろ
・てをつなぐ
・いたいのいたいのとんでゆけ
・はなをくんくん
・ころわんはおにいちゃん

冬から春へ…当日はあたたかな日だったので、季節の変化を読み聞かせでも表してみました。
対象は、この日はいつもより小さい子が多く感じたけれど…、2~5歳位の子が多かったかな。
絵本と絵本の間のトークでの、チビッコ達とのやりとりも楽しかったです(^^)


きらきら
谷川俊太郎 作
アリス館
写真絵本です。
今年は、この辺りの子達も雪に触れる機会があったので雪の絵本を導入に選びました。

まず、「これ何だか分かる~?」と表紙を見せると「雪の結晶!」とチビッコ達から声が上がりました。
1つとして同じ形が存在しない、6角形の雪の結晶。
不思議だね、誰が作ったの?
1枚1枚の写真をよく見てもらいながら読みました(^^)
******

さっちゃんのてぶくろ
内田麟太郎 作
金の星社
冷たい雪も手袋があれば、あたたかい。
2冊目は手袋の絵本を選びました。

さっちゃんは、かあさんが編んでくれた手袋を片方落として来ちゃいました。
さっちゃんの手袋さんは何処?
探して歩いていると雪の下から声がしました。
それはなんと、すもうとりさんの寒がりな手袋で…。

それから?なんで?はチビッコ達の常。
さっちゃんも同じなんです。

…雪の下から聞こえる声は、口に手を当ててくぐもらせると良い感じ。
チビッコ達も状況が分かってクスクス。
******

てをつなぐ
鈴木まもる 作
金の星社
「手袋するとあたたかいね。でもさ誰かと手を繋いでもあたたかいよね!」と絵本を繋ぎました。
僕がお母さんと繋いだ手。
お母さんの手と手と手と手が繋がって、働く人々、世界中の色んな国の人、地球上に生きる動物達に繋がった!

地球の上で皆が繋がり生きている。
隣には誰がいる?
誰かがいないと手は繋げない。
誰かと手を繋ぎたくなる絵本です。

最後の手と手は頁をゆっくり上手に近づけると、手が繋がっていく様に見えるのが面白く、感動的。

この絵本に関する個別記事はコチラ
******

いたいのいたいのとんでゆけ
新井悦子 作
すずき出版
まず、「痛いの痛いの飛んでゆけ~って皆1度は言った事や言ってもらった事があるよね。でもさ、その痛いのって何処に飛んでくの?」と聞くと、チビッコ達は「山かな?」「どこ?」ザワザワ。

そりゃ考えたことないよね(笑)
この絵本、この季節に読むのは最後かなと思い選本しました。

婆様とふたりぼっちで暮らす村娘のサヨと、山の奥にひとりぼっちで暮らすの優しい物語。

読み終えた後には「オニ優しい!」「ボクも痛いの飛ばしたらウマイのも飛ばしたげる事にする!」等、優しい可愛い声が飛び交いました(^^)

読むのに9分は掛かるので、修学前のチビッコにとっては長目の物語なのですが、最後までジッと見入ってくれていました。

この絵本に関する個別記事はコチラ
******
ルース・クラウス 作
福音館書店
「この絵本の中に『はなをくんくん』という言葉が出てきたら皆も私と一緒に鼻をくんくんしてくれるかな~?」と、声を掛けて読み始まりました。

春を待ち冬眠する沢山の動物達。
目を覚ました動物達は、鼻をくんくんし出します。
聞いてくれているチビッコ達も鼻をくんくん!
動物達も鼻をくんくん!
次第に動物達は鼻をくんくんさせながら走り出します。

そして。
雪の中に見つけた物は…。

モノクロの絵本の最後のシーンに、あたたかく描かれた一輪の黄色の花。
春の訪れに動物達が喜びます。

あたたかな春は、皆の側にも近づいています。
一輪の花が現れるラストシーン、読みながら手品で、絵本の中の黄色い花をパッとチビッコ達の目の前に出してみました(^3^)/

チビッコ達ぽっか~ん(笑)
大人からは「わぁ」と、声が上がりました。

全部の読み聞かせが終わってから、「どこからお花出たの?」「なんで?」と、花や絵本を触ってはチビッコ達の質問攻めに…お花は絵本から出てきたんだと思うよ(^^)
******

ころわんはおにいちゃん
間所ひさこ 作
ひさかたチャイルド
最後は、表紙にタンポポが咲く春の絵本で閉めました。

仔犬のころわんが、自分より小さな迷子の仔猫の面倒を見ながら、お母さん猫を探す物語にチビっ子達も興味津々。
ころわんの失敗や大きな猫に、皆も一緒にハラハラしたり。
けれど最後はHAPPY END。
大人もチビっ子達も、沢山の拍手を下さいました。

「ボクもお兄ちゃんて初めて呼ばれた時、嬉しかったよ」と教えてくれたチビッコも何人かいました。
シリーズ絵本ですが、ころわんは皆と一緒に成長をする、同じ目線を持った代弁者なんだなって思います(^^)
******

聴いてくださった皆さん、ありがとうございます。
おかげさまで、楽しい読み聞かせが出来ました(^^)
またお逢いできるのを楽しみにしています。

リブロひたちなか店の皆さん、いつもあたたかく迎えて下さってありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

鈴木店長ありがとうございました。

******
【リブロひたちなか店】
 次回読み聞かせ予定
 3/17 (土) 14:00~14:30
******

Twitter

@読み聞かせ屋・サチエ
↑おはようからおやすみまで呟き。
 絵本紹介・インコ成分多目。
 読み聞かせの告知も。
 
YouTube

よろしくお願いします


絵本 ブログランキングへ