2018年 私の生きる道

テーマ:
明けまして おめでとうございます。
本年も どうぞよろしくお願い致します。

こちらの方は、陽射しのあたたかな良いお正月です。
今年も、1日1日を大切に、ゆっくり良く生きます。

6月にはガンの術後2年になります。
まだまだ先ですが。

最近、何故、私は読み聞かせをしたいと思うのか…という事を考える機会がありました。

読み聞かせを始めたキッカケは、幾つかあります。
でも当時の理由は、簡単にまとめると「私が人前で何かやりたいから」でした。
読み聞かせなんて言葉も知らなかったのです。
******

しかし。
活動を始めたその月に、東日本大震災がありました。

家の全壊や半壊・道路の亀裂・陥没、市内ほぼ全ての塀の倒壊……。
ライフラインは復旧したものの、震災から1か月も経たない頃に伺った、ある保育園

全員がいつでも避難できる格好で、3歳から5歳計140人の子達に、2回に渡って読み聞かせをしました。

余震もありました。
私を含め、大人も子供達も表情は暗く、ビクビクしていました。

けれど、読み聞かせを始めると一変。
皆、楽しそうに聴いてくれて、問いかけ絵本にはワイワイ盛り上がる子供達の笑顔に、大人も皆、笑顔になりました。
「楽しかった!」と喜ぶ子供達。
「震災以降ようやく子供達の笑顔を見られた」と涙ぐみ感謝をしてくれた先生達。

私の読み聞かせに対する意識が、「人前で何かやりたい(目立ちたい)」から、「聴いてくれる人の笑顔が見たい」と感じ始めたキッカケでした。
******

……そして、皆さん御存知の方も多いと思いますが、2016年6月に私はガンになりました。
舌ガンになり、舌の4分の1を失いました
現在も経過観察中です。
未だに話しづらさはあります。
多分一生でしょう。
術後の言語障害に悩み、一時は、読み聞かせの復帰を諦めかけました。

今は読み聞かせに復帰しています。
その為に言語障害も乗り越えました。
どうしても、どうしても読み聞かせが、やりたかった。

たまに何故それほどまでに、読み聞かせに情熱を?と、問われます。
正直、何故?と問われても困りました。

その度に、私はアレコレと捻り出して答えていましたが、この数日で答えが分かりました。

私の読み聞かせで、沢山の人を笑顔にしたい。

その笑顔が、これから私が病を抱え生きていく中で1番に欲しいものだ…という事なのです。
価値観は人それぞれなので、理解していただけない方も居るかもしれません。
私が皆さんの笑顔を見られる手段が、読み聞かせなのです。

もちろん絵本も大好きです。
けれど、それ以上に皆さんの笑顔が好きなのです。

子供達が笑えば大人も笑う。
また大人が笑えば子供達も笑う。

子供から大人まで老若男女、1人でも多くの人に、1冊でも多くの絵本を読めますように。
沢山の笑顔に出逢えますように(^^)

2018 読み聞かせ屋サチエ
******

Twitter

@読み聞かせ屋・サチエ
↑おはようからおやすみまで呟き。
 絵本紹介・インコ成分多目。
 読み聞かせの告知も。
 
YouTube
 YouTube内検索
 (読み聞かせ屋 サチエ)