今回は一次予選3回戦、柿木将棋対elmoの一戦を紹介します

柿木将棋は参加ソフトの中ではベテランに属するかなと


初手から以下
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △3二金
▲2五歩 △8四歩▲6六歩 
elmoは横歩取りが得意ですが、ここで柿木将棋が変化球
さて、構想力が問われる将棋となりました


△6四歩 ▲7八金 △6二銀 ▲2四歩
△同歩▲同飛 △2三歩▲2八飛 
△6三銀 ▲6八銀 △5四銀▲7七銀
△1四歩
後手は飛車先を切られたのですが、それで急ぐわけでもなく△14歩と端歩を突きました
そんなんで大丈夫なのか?


▲5八金 △4四歩 ▲5六歩 △4五歩
▲4八銀 △4二銀 ▲6九玉 △4三銀直 
▲9六歩 △5二金
△45歩と角道を通してから雁木に組みました
矢倉よりも角を使いやすいのがメリットですね


▲6七金左 △7四歩 ▲7八玉
▲79角から金矢倉に囲おうとすると、中途半端な状態で仕掛けられそう
なので先手もバランスを考慮した指しかたをしています


 △4一玉 ▲5七銀 △3一玉▲4六歩
 △同歩 ▲同銀 △7三桂 ▲7五歩
 △同歩
先手はこれ以上固めにくいので仕掛けていきました
一歩持っての▲75歩から桂頭攻めは自然な気がするのですが、堂々と△同歩はelmo流という感じがしますね


▲7四歩 △8五桂 ▲7三歩成 △7七桂成
▲同角 △8一飛▲7六歩 △7一飛
と金を作られるけど薄い玉頭を攻めれるから悪くないということなんでしょうね
 
先手も▲76歩と傷を消しにいったのですが、そこで△71飛が好手
こうなると打った歩の顔を立たせるのは無理でしょう


▲8二と △7六歩 ▲7一と △7七歩成
▲同金 △3九角 ▲6一飛 △4一歩
▲2六飛△4四角▲2七飛 △6六角引成 
勢い飛角交換になるのですが、△41歩と打てるのが大きいです
▲66角引成は最終的に生角が残ってしまうのですが、狙いを秘めています


▲同金 △同角 ▲7七歩 △6二金打
打った角からいけば先手は手抜きにくい
よって▲66同金となるのですが、そこで△62金打で飛車を詰まして後手優勢です


▲5七銀 △同角成 ▲同金 △6一金
▲同と△4八飛▲6八桂△3八飛成
▲2五飛 △8八銀
この腹銀が寄せの手筋で、優位を拡大しました


▲6九金 △9九銀不成▲5一と △同金 
▲4七角 △4八龍 ▲5八金引 △6五香
▲同飛 △4七龍 ▲2五飛 △4九角
まで後手勝ち
飛車切りから△49角がelmo定番の最終盤の好角
▲47金は△67銀から詰みがあり、なす術なしとみて先手投了となりました
 


一次予選
elmo
対大合神クジラちゃん ◯
②対novice ○
③対柿木将棋 ○

HoneyWaffle
①対山田将棋 ○
②対dainomaruDNNc ○


みなさんの応援が私の力になります!

☆おもしろかったら↓をポチッと押してね☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村
PVランキングにも初参戦!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


検索ワード「脇システム」上位!
1年越しの加筆・修正!!
脇システムの研究①

AD