少し脱線しましたが、世界コンピュータ将棋選手権シリーズに戻りたいと思います

今回は2回戦・elmo(先)ーnoviceの一戦を紹介


初手から以下
▲7六歩 △8四歩▲7八銀 △3四歩
▲7七角 △6二銀▲2六歩 △7七角成
▲同銀     △4二銀 ▲3六歩 △3三銀
▲3七桂

戦型は角換わりに
▲37桂は隙があればすぐにでも跳ねますよ、という手ですね
最近の角換わりは序盤から気が抜けません


△4二玉 ▲4八銀 △6四歩 ▲7八金
△3二金 ▲1六歩 △7四歩 ▲6八玉
△7三桂 ▲9六歩

ですが両端を突いたのは独特の感覚ですね
その結果…


△8五歩▲4六歩 △6五桂

逆に相手に仕掛けられました

プロ棋戦でも度々指されている仕掛けですが、elmoはあまり有力視していないということでしょうか?


▲8八銀△4四角▲6六角 △8六歩
▲同歩    △同飛    ▲8七銀 △8一飛
▲8六歩△6三銀▲5八金 △5四銀
▲4五歩△6六角▲同歩     △6二金
▲4七金

桂を取らずに▲47金がスゴい感覚ですね

端歩突きの時もそうでしたが、相手に好きなことやらせて勝とうとしています
新参者なのに横綱相撲です


△7五歩 ▲同歩

ここも桂を取るのが普通

elmoはやはり踏み込ませてから逆襲を狙っています


△4九角▲6五歩 △8五歩▲5九玉
△8六歩▲4九玉 △8七歩成 ▲7四桂

飛車先にと金を作られても悠然と▲74桂が渋い攻め

この手に対し、飛車が
・奇数段に逃げると▲62桂成が次に41金から角打ちの王手飛車
・偶数段に逃げると▲95角が攻防によくきいていて
先手良しです


△7八と▲8二歩 △6一飛 ▲6二桂成
△同飛 ▲7三金

後手は辛抱するよりありませんが、▲73金と露骨に飛車を追っていくのが分かりやすいです


△6一飛▲8三角△3一飛 ▲6四歩
△6八と▲6三歩成 △4一飛▲5三と

そして▲53とが気持ちのいい一手
△同玉は
▲64角△同玉▲74角成△53玉
▲41馬
で寄り形となります


△3一玉▲5四と △2二玉 ▲2五桂
△1二玉▲6五角成 △2二銀 ▲5二銀
△7一飛 ▲4三と △3一金▲5五角

前局でもそうでしたが、elmoが指す終盤の角打ちは美しさを感じます
この手も73の金を守りながら敵玉を睨んだ絶好の角です

これで後手はなす術なし
以下短手数で押しきりました


一次予選
elmo
対大合神クジラちゃん ◯
②対novice ○

HoneyWaffle
①対山田将棋 ○


みなさんの応援が私の力になります!

☆おもしろかったら↓をポチッと押してね☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


検索ワード「脇システム」上位!
1年越しの加筆・修正!!
脇システムの研究①

AD