藤井氏と幸福の科学の関係

藤井氏は「慰安婦の真実」国民運動の幹事を名乗っているが、別団体である「論破プロジェクト」の代表という肩書きも持っている。

論破プロジェクトは、幸福の科学の政治部門である幸福実現党の支援を受けて2013年に結成された。

幸福の科学関係者のほか、「慰安婦の真実」国民運動の加瀬代表、高橋史朗など日本会議関係者も賛同人として名を連ねる。

「慰安婦の真実」国民運動も後援団体に加わっていた(賛同人、後援団体にかんする記述は2014年に論破プロジェクトのウェブサイトから削除されている)。

藤井氏はこの論破プロジェクトでも、海外で問題を起こしている。

2014年1月にフランスで開催された「アングレーム国際漫画祭」に、「従軍慰安婦の強制連行はなかった」と主張するマンガを出展しようとして、同漫画祭で禁じられている政治宣伝にあたるとして主催者から中止を要請されたのだ。

一方で、この漫画祭には韓国側から慰安婦に関するマンガが出展されたことから、産経新聞が〈「慰安婦漫画」韓国OK、日本ダメ〉との見出しで報道し、不公平感を煽った。

これに反応した片山さつき参議院議員がTwitter上で「明日欧亜局呼びます早期事態収拾を!」などと息巻いてみせた。

しかしこの論破プロジェクト、当時幸福実現党の幹部だったミュージシャンのトクマ氏のマスコットキャラクターを使用。

アングレーム国際漫画祭で出店予定だったブースにも、このキャラクターが掲出されていた。

慰安婦をテーマとしたマンガが政治宣伝に当たるかどうかとは別に、幸福実現党の宣伝という意味での政治宣伝でもあったのだ。

トクマ氏は2012年、尖閣諸島に無断上陸し書類送検された(起訴猶予)人物。

ミュージシャンとしては、「憲法9条改正!」を連呼する「I LOVE ZIPANG」という曲や、従軍慰安婦について「ゆすってたかってヒステリック」「民間業者 プロの元慰安婦」などと歌い上げる「河野談話はでっち上げ!」といった曲を発表している。

言うなれば党公認の”ネトウヨミュージシャン”だ。

論破プロジェクトがアングレームで一悶着起こした当時、そのトクマ氏が、週刊新潮の取材に対して藤井氏が幸福の信者であることを証言した。(参照:「やや日刊カルト新聞」)

論破プロジェクトの実態は、実質的に幸福の科学のフロント活動とも言える代物だったのだ。

それが加瀬氏や高橋氏という日本会議系の人脈とクロスしている。

・・・

もう一つの問題は「カルト」の問題だ。

筆者は慰安婦問題には全く詳しくない。

それでも今回の藤井氏の件を特に問題視している。

それは、人権に関わる問題を提起する側に対して、具体的な侮蔑行為が行われ、それが幸福の科学という宗教の影響下にある人間のものだからだ。

カルト問題に取り組む人々の間では、カルトかどうかを見極める最大の基準は「違法行為や人権侵害を行う集団」であるかどうかだ。

ミソジニーを煽っているかどうかは、思想や言論の問題であり、直接には「カルトの条件」にはならない。

時おり「右派カルト」という言葉を目にするが、右派であることを理由に「カルト」と呼ぶことはしない。

しかし藤井氏の「慰安婦像を蹴る」は、思想でも言論でもない、具体的な行為だ。

自分たちの主張(教義)のためなら他人の人権なぞ知ったことかと言わんばかりのカルト宗教的な発想が、行為として具体化した。

信者が人権を否定する思想を実際の行動に移せるのだからやはりカルトなのだ。

一部の宗教団体が「慰安婦問題」を煽っているのだという菅野氏の指摘に加え、よりによってその宗教団体が「カルト」なのだという点も、我々はしっかり認識しておく必要がある。

右派であることは「カルト」の条件ではないが、「カルト」が極端に目立つ右派活動をリードしていることは間違いない。


9月6日、産経新聞(web版)は「台湾・慰安婦像で日本の民間団体が撤去要求」との見出しで、謝市議に像の即時撤去を要求した藤井氏の活動を報じた。

同じく産経新聞社の夕刊フジ(zakzak)は9月10日に、その件について藤井氏の寄稿を掲載している。

9月10日には産経新聞が藤井氏に対する台湾での抗議デモについても報じているが、ここでは、抗議の対象となっている人物が藤井氏であることを記載していない。(参照:日台交流協会前で抗議活動 日本団体の「慰安婦像」撤去要請に/産経新聞)

朝日新聞や時事通信は、日本台湾交流協会台北事務所にペンキが撒かれた事件等を報じているが、藤井氏の名も「慰安婦の真実」国民運動の名も伏せている。

そして、藤井氏と幸福の科学の関係を報じたメディアはない

台湾で騒ぎが起こっていることを伝えるだけで、そこにある問題がどういうものであるのかを読者に伝える役割を日本メディアは全く果たせていない。

騒ぎが続けば、新聞やテレビなど、もっと多くのメディアが報道するだろう。

そこでも「幸福の科学」というキーワードが登場しない可能性が高いが、本来はそのキーワードこそ報じなければならないはずだ。

藤井氏は単なる野良の一匹狼右翼ではなく、幸福の科学の信者でありフロント活動家なのだから。

幸福の科学への抗議デモ

9月11日、筆者が主宰するやや日刊カルト新聞社と菅野完事務所が共同企画として、東京・五反田の幸福の科学総合本部前で「エル・カンターレ像の前でストレッチをするデモ」を行った。

慰安婦像を蹴って「ストレッチ」と主張した藤井氏にならって、15人(主催者発表)の参加者が、幸福の科学教祖・大川隆法総裁をかたどったエル・カンターレ像に対して「ストレッチ」を行った。

エル・カンターレ像は、筆者が所有しているもので、もともとは教団が信者に300万円で売ったものだ。

事前にデモの予定を公表していたこともあって、幸福の科学側は10数人の職員が待ち構え、デモが始まるとエル・カンターレ像を取り囲んで「ストレッチ」の妨害を始めた。

すぐに制服警官が現れて間に入るなど、騒然となった。

この場で幸福の科学幹部は、「慰安婦の真実」国民運動は幸福の科学と一切無関係だと主張した。

一方で藤井氏が信者かどうかについては「答えない」(教団職員)とした。

今回のデモは直接には、台湾の人々や元従軍慰安婦たちが味わった屈辱と同じ感覚を藤井氏や幸福の科学に味わってもらい、問題性を認識してもらうことが目的だった。

また菅野氏には、前述のような「慰安婦問題」が一握りの宗教団体による歪んだ思想によって煽られていることへの批判表明、筆者には「カルト」への批判表明という、それぞれ違った目的があった。

さらに、台湾でのこの一件について日本のメジャー・メディアにしっかり報じさせたいという共通の目的もあった。

この最後の一点こそが、共同企画としてデモを行った最大の理由だ。

今回のような問題の根源である宗教団体の存在を軽視したり見て見ぬふりをしたりするなら、それは一握りの宗教団体だけではなく、そういった宗教団体を野放しにする日本社会の問題だろう。


URL: youtu.be


via 虚業教団
Your own website,
Ameba Ownd