デッキ紹介:【スタンダード】オラクルシンクタンク | ヴァンガ道路

ヴァンガ道路

株式会社ブシロード様より発売中のトレーディングカードゲーム「CARDFIGHT!! ヴァンガード」について綴るブログ。


テーマ:
お久しぶりです。前回の更新以降、カードに触れる時間が激減し、このブログも長らく放置してしまいましたが、本日より更新再開いたします!

『結成!チームQ4』収録クランの中から、私が最初に選んだのはオラクルシンクタンク。新時代の到来で心機一転、これまでほとんど使わなかったこのクランを手に取ってみることにしました。

■8:グレード3
4:インペリアル・ドーター
4:CEO アマテラス

■11:グレード2
4:プロミス・ドーター
4:お天気お姉さん さふと
3:洞見の女神 ソトオリヒメ

■14:グレード1
4:サークル・メイガス
4:時運の女神 ミズノハメ
3:オラクルガーディアン ジェミニ
3:ペタル・フェアリー

■17:グレード0
1:ロゼンジ・メイガス(FV)
8:☆
4:ウェザーフォーキャスター ミス・ミスト(引/守)
4:治


・どんなデッキ?

プロテクトで守りの負担を減らし、相手のシールドが尽きるまで耐え抜きます。しかし延々と守り続けることはできないので、採用するのはパワーが高いユニット優先、少しでも早く追い詰められるよう意識しました。

・各グレードの解説

■グレード3
○ライドのパターン
アマテラス→インペリアル→以降再ライドの繰り返し。前列が埋まっている場合のみ、アマテラス同士で重ねる

再ライドによって真価を発揮する《インペリアル》、(R)でも活躍できる《アマテラス》はどちらも4枚必須に感じます。Cブラストが払える間は《インペリアル》を絶対にコールしてはいけません。

多くの場合《インペリアル》は完全ガードされるでしょうが、その分リアガードの攻撃が通りやすくなります。Sブラストで平均パワーラインを高め、プレッシャーを分散するのが効率的です。

■グレード2
○ライドのパターン
1.さふと>ソトオリヒメ>プロミス
⚫V、R共にブーストあり、ドライブチェック込みで手札4枚以上
⚫V、R共にブーストなし
⚫Vのみブーストあり(ミズノハメの配置パターン)

2.さふと>プロミス>ソトオリヒメ
⚫V、R共にブーストあり、ドライブチェック込みで手札3枚以下

3.プロミス>ソトオリヒメ>さふと
⚫Rのみブーストあり

4.ソトオリヒメ>プロミス>さふと
⚫Rのみブーストあり、かつ表のダメージコストが1枚もない

この枠は単体15000で統一し、G1のブーストと合わせて23000を両サイドから出しやすくしています。ほぼ無条件で動ける《プロミス・ドーター》は確定として、《お天気お姉さん さふと》と《洞見の女神 ソトオリヒメ》の配分は悩んだものの、ソウルの方が気軽に消費しやすかったことから前者を優先しました。

《ソトオリヒメ》はトリガーと合わせて33000に達したり、あと1点与えれば勝てる状況で使いたいところ。2ターン目からダメージコストを使いきると横を叩かれてしまい、G3で手札を増やせなくなるので注意しましょう。

■グレード1
○ライドのパターン
サークル>ジェミニ>ペタル>ミズノハメ

不安定ながら、G2以下だと貴重なドロー能力持ちの《サークル・メイガス》は迷わず4枚。
2番目の能力はブースト役が欲しかったり、《さふと》を強化したい時に役立ちます。

残った選択肢からは、唯一のブースト時能力を持つ《時運の女神 ミズノハメ》を優先しました。リアガードをブーストする場合でも他のパワー8000と働きは変わらないため、強気に4枚フル投入しています。

あとは採用枠の穴埋めとして《オラクルガーディアン ジェミニ》《ペタル・フェアリー》も投入。
これらは増やしたコストやパワーで有意義な行動を取れなければ損失の方が大きく、お世辞にも使い勝手が良いとは言えないものの、《ミズノハメ》を引くまでの繋ぎとして(V)裏に置きやすいのが利点です。
最初は《アマテラス》で補填しやすい《ジェミニ》を優先していましたが、Cチャージが必要なくても構わず起動できる《ペタル》も使用機会が多く、どちらも必要という結論に至りました。


・採用を検討したカード

《ヴィクトリアス・ディアー》

とてつもない決定力と引き換えにG3増量を余儀なくされ、条件を満たすまで耐える必要があるのに、デッキ内の総シールド値は低下してしまうのが難点。
これといって《インペリアル》と《アマテラス》に力不足感もなく、どうしても必要というほどには思えませんでした。

採用するとしたら《ジェミニ》《ペタル》と1枚ずつ入れ替え、ソウルの取り合いになる《さふと》も他のG2に変更するのが良さそうです。

《サイレント・トム》

17000ラインだとフォースにはインターセプトに阻まれ、自己強化を加えた23000でも☆/前トリガー1枚に止められる歯痒さ。
しかしプロテクトとアクセル相手には強力で、対フォースでもトリガーが乗って決定打になる場面はしばしば見られます。
リアガードにも単体15000で攻撃できるので序盤を凌ぎやすく、《ディアー》を使うなら併せて採用したいですね。

《ファルファッレ・メイガス》

山札確認としては《ペタル》よりも遥かに使い勝手が良いものの、「ソウルに移動しつつ《ミズノハメ》の置き場所を作れる」部分が思ったより重要だったため、やむを得ず不採用。

《シューティング・ボビー》

プロテクト固有のG1・シールド15000。かわりにパワーは低くなっていますが、スタンダードは早い段階から全ての列が高い要求値になりやすく、トリガーに加えて採用できる防御札は中々の安心感です。

できれば採用したかったのですが、《ジェミニ》《ペタル》が多めに入っているこのレシピではパワー8000のG1を減らしにくく、コールしづらい欠点が目立っていました。

《ラック・バード》

基礎パワーが低くても、ダメージコストを消費せずにドローできるだけで採用価値は高く、自己強化も侮れない数値。特に後攻2ターン目(お互いにG2)の時点では頼もしいです。

ただ、《インペリアル》《さふと》の使用回数が減ってしまうことによって、かえって勝利が遠ざかることも。
何より、山札の一番上がトリガーだと分かっている状態ではコールしづらく、他のG1だったら気にせず出せるのに…という場面が発生してしまうのは辛かったです。


・おわりに

プロテクトは「シンプル&スピーディ」を謳うスタンダード環境の方針に反している気がしなくもないですが、ダラダラとした長期戦にはなりにくいデザインなので、実際に使ってみると想像より遥かに面白かったです。

今週に発売を控えたメガコロニーは同じプロテクトでも相手の妨害が得意で、オラクルとはギフトの活かし方も異なってくるでしょう。こちらも是非試してみたいと思います。

ワタグチさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス