いま聞きたくないもの。

他人の妊娠報告。


流産してからというもの他人からの妊娠報告に分かりやすく動揺してしまうショボーン


それが昨日不意打ちで人様の妊娠を知らされました爆弾




その情報源は4歳のムスメチーン




保育園へお迎えに行き、下駄箱のところで靴を履きながら突然ムスメが「(担任の)◯◯先生お腹に小さい赤ちゃんいるんだってー!まだ生まれないけどね!」と明かしてきたポーンポーンポーン


まさかこのタイミングで、まさか我が子から他人の妊娠報告を聞くとは思ってもなかったのでハートに鎧被ってくてドーーーンと衝撃を受けるチーンチーンチーン銃銃銃


「えっ、⁉️あっっ、そうなの⁉️」と思いっきり我が子相手に動揺してしまったえーん





人の妊娠を心から祝福できるほど心に余裕はなく。
さすがに大人なので妊婦さんと話さなければいけないシーンになったらおめでとうは言えますよ。

でもおめでとう、と言った次には「いま何ヶ月ですか?」とか「性別はどっちですか?」とか、会話しないわけにはいかないですよね???

それが辛くて。
他人の妊娠経過なんて聞きたくないのに聞かないわけにいかないシチュエーションが辛い。

こちらにも子供がいるということは妊婦経験者なので余計にそーゆー会話しないわけにいかないというか。
これって二人目不妊あるあるですよね?


だからなるべく距離を置いて、直接妊婦さんと会話しないといけないシーンに出くわさないように逃げてきました足


保育園の同じクラスに妊婦さんもいたことあるけど、そもそも仲良く話すような仲でもなかったので挨拶だけでササッと退散したり。

保育園の主任(クラスの受け持ちなし)もこの前産休入られたけど、用がなければ絡むこともない立場の先生だったので声を掛けることもなく挨拶だけでスルーしていました。





けどーーーーもやもや


今回は担任の先生ショボーンショボーンショボーンショボーン
さすがにお腹大きくなってきたら触れないわけにはいかないしショボーンショボーンショボーンもう今から憂鬱
その頃には私も妊婦になれてればいいのに・・・と本気で思う。


ウチも2人目欲しいんで羨ましいです〜
なかなかの高齢ですけどもうちょっと頑張ってみます〜
ってカラッと言ってしまおうかな、なんてシミュレーションしてますショボーン



とりあえず早く生理きて移植周期に入りたい炎
妊娠の可能性がある期間を過ごしたい炎