嵐アカデミー健康講座 体のチカラ育成塾 メタボリズム栄養学 メタボのことなら嵐に聴け!

人が口から摂取するものは食品か医薬品のどちらかです。多種多様の食べもの、健食、サプリ、薬、口にするものついてもっと真剣に考えてみましょう。メタボリズム栄養学理論の極意。なぜ病気になるの?なぜおしっこ・息をするの?メカニズムを知る。


テーマ:
2、健康食品と薬の飲み合わせ(ブルーベリー )

こんにちは、嵐アカデミーの嵐 竜治(あらし りゅうじ)です。

巷に溢れる健康情報。そして、健康食品通販番組、市販で売られる健康食品TVではいいことだけ宣伝して売れれば、なんでもあり。芸能人を使ってのイメージ戦略。
健康食品と薬の飲み合わせが悪いものがたくさんあります。
そんな情報を毎日、一話ずつ書いていこうと思います。

その第二話はブルーベリーです。

日本でもブルーベリー農園がありますが、そもそも日本に伝わったのは1951年(昭和26年)のことです。
北海道農業試験場がアメリカから導入したのが始まりといわれています。

ツツジ科のブルーベリーは世界では、北米が原産で高い木に実るハイブッシュと北欧のビルベリーといわれる低い枝になるローブッシュがあります。





ブルーベリーが日本で話題になりだしたのは平成7年の春「おもいッきりテレビ」がブルーベリーを取り上げ、
さわやか元気などの雑誌も特殊を組むようになった。メディアの力すごい。

ブルーベリーのアントシアニンの成分が目の網膜のロドプシンに働きかけ
視力改善に役に立つということで健康食品として愛用している人も多いと思います。

製品の形態はカプセル、顆粒、ジュースなどがありますが、顆粒など食べやすくするために
ブドウ糖果糖液糖やアスパルテームなどで甘みをつけたり、カプセルも添加物だらけのものもありますので注意したいものです。

さて、ブルーベリーと相互作用の薬は血糖降下剤です。
SU剤(オイグルコン、ダオニール、アマリール、ピオグリタゾン、インスリン、ロシグリタゾン)
これらの血糖降下剤を服用している方は血糖値が下がりすぎる可能性があります。

また、貧血の方で鉄剤(フェロミア)を服用しているひとは、
ブルベリーと鉄剤がキレートを形成するため、鉄剤の吸収を抑制する可能性があります。

現代人は目を酷使している生活をして視力が低下する人がいます。
疲れたら遠くの山の緑の色を眺めるとか、都会の人はできないか!
暖かいおしぼりを当てると気持ちがいいですよね。目は温めたほうがいいですよ。

それではまた、明日はクロレラです。
がんばる自分に毎日ごほうびを!
嵐アカデミー講演会の会場でまた お会いできるのを楽しみにしています。目

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

嵐 竜治さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。