久しぶりにタイマッサージ に凸した。

この店は先日筑西市を徘徊したときに

偶然見つけた所だ。

入り口には呼び鈴等は無い。健全風が漂う。

ドアを開けると、40代のタイ嬢がお出迎え。

この熟嬢、タイ熟嬢あるあるの太め体型

では無く、かなりスリム。

このタイ嬢がこの店のママさんとのこと。

もう一人アルバイトがいるとの事だが、

夜になってから来るそうだ。

この店は、マッサージ施術部屋は布団マット

が3つで、全てカーテン仕切り。

しかもシャワー無し。

シャワー無しでのオイルマッサージは、

ちょっとしんどいが、寛容度と腕前を

探るべく、オイル60分/6500円を選んで

みた。

(それにしても、100円刻みの価格設定は

珍しい。しかもオイル90分/9000円だから

単価としては90分が若干お得。これが狙い

なのか?)


「用意するから、チョット待って。飲み物

何がいいですか?」

(お!ここはコーヒーネタが使えるか?)

冷たいコーヒーをお願いするも、出てきた

のは、冷たいお茶だった・・・

「コーヒーネタ使えないヤン!」

と一人ツッコミしていると、程なくして、

「用意出来た」の声が掛かり施術部屋に

入ると、紙Pが置いてあった。

「これ履かなくてもいい?」と聞く前に

「これ履いて」と先に言われてしまい、

ここは素直に履く事にした。

拡げるとブリーフタイプの紙P。

今の所、健全路線。


先ずは、脚をお湯で洗って貰いマッサージ

スタート。

仰向けの脚からオイルマッサージで始まり

腰、背中へと定番の進行。

マッサージレベルは悪くは無い。

マッサージ中も会話して、

「ママさんの脚は細くて綺麗だ。日本語の

「きれい」ね。」

「◯ッパイも好みだ」

と、徐々に下ネタに振ってみる。

さすがに「酸いも甘いも噛みわけた」世代。

下ネタにものってくる。


肩のマッサージに移行した所で、ママさん

「社長、ケェン ティン ティン ナ」

(来た〜〜〜)

すかさず、上半身を起こし、自分の股間を

指差しながら

ケェン ティン ティン???」

と答えると、ウケてくれたが、

「社長、わたしはマッサージだけ」

と流されてしまった😥😥。

マッサージは、仰向けになってからも

そのまま健全で終了。


お茶を頂きながら、この店を開くに至る

迄のママさんの経緯等を聞き、帰路に

着いた。
















最後に

意味深な「わたしマッサージだけ」を

聞き逃していないことを記しておく。

再訪をここに誓おう!!