きゅうぴいこの愉しい毎日⑱ お福分けしまーす。読むとエネルギーが変わり、開運できる本。 | 「妖精の国」への扉を探して

「妖精の国」への扉を探して

一冊の本が、「妖精の国」の扉の鍵になることもあります。
その本が、「扉」を開け、あなたの運命を変えることも。
この日記は、3浪で、「コネなし、金なし、美貌なし」の私が、
本や人と出会い、シンクロニシティーに導かれながら、
夢を叶えるまでのお話です。

前にも書きましたが、私は、本のエネルギーがキャッチできる、というアンテナが心の中にあります。

 

この本を書店で見た時、

 

「この中には、大切な情報が入っているー。読みたいー」と思ったのです。

 

でも、いつも本を買ってばかりで、まだ読んでいない本がたくさん家にあるので、「まあ、今度でいいか」と思っていました。

 

 

 

この日曜日に吉祥寺に散歩にいって、ブックオフに入ったら、

 

さすが吉祥寺!!!

 

読みたくなる本がたくさん。

 

七冊(・・?も、買ってかえりました。その中に、この本もあります。

さっそく、読んで、エネルギーが浄化されるような気持ちになりました。

 

優しい本です。それに、このイラストは、デッサン的にみると、線が上手い……という印象ではないですが、(わざとこんな感じで描かれているのかも……)

 

あったかいエネルギーがあります。

 

そういえば……、年末に、FBで、自費出版された方の表紙に惹かれて、「ぜひ読みたいです」と、送っていただいた本の表紙も、

今確認したら、、

 

 

同じ方!!!!!が描いておられます。

 

 

本田亮さんです。

 

エネルギーが愛です。

 

「愛のエネルギー家事」は、見えないエネルギーをもとにして、暮らしのアイディアや心の切り替え方が書かれているので、

 

魂をおおっていた雲が、この本の光りで溶かされます。

 

この本のエネルギーは、とても柔らかいです。

次元がかわるのかしら

 

 

そして、私は、この本を読んで帰ってきたとき、ワンピースのホケットになくしていた……と、思っていたお守り石があることに気がついたのです。