自作PC関連の大きなイベントが終わり、新しいパーツが出揃って市場がある程度落ち着いてきたので、現在のパーツの世相なんかを考慮しながら、今どきのコスパ重視ゲーミングPCというものを考えてみようと思います。

 

使うのはいつものこのサイト

http://niku.webcrow.jp/

 

最近はPCパーツが安いので、お得に最高画質のゲーミングPCが作れちゃうのがいいですね

そんなわけで、私が考える今どきのコスパ重視ゲーミングPCはこんな感じです。↓

 

【CPU】AMD Ryzen 5 3600 BOX \25,879 @最安
【メモリ】Corsair CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組] \9,400 @最安
【マザーボード】ASRock B450M Pro4 \8,253 @最安
【ビデオカード】SAPPHIRE SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 590 8G GDDR5 DUAL HDMI/DVI-D/DUAL DP W/BP OC (UEFI) [PCIExp 8GB] \22,153 @最安
【SSD】crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP \7,580 @最安
【ケース】Thermaltake Versa H26 Black /w casefan CA-1J5-00M1WN-01 [ブラック] \4,163 @最安
【電源】Corsair CX650M CP-9020103-JP \6,486 @最安
【OS】マイクロソフト Windows 10 Home 日本語版 Fall Creators Update適用済 \15,680 @最安
【合計】¥ 99,594

 

一個一個解説してく

 

【CPU】AMD Ryzen 5 3600 BOX \25,879 @最安

 

今まではゲーミングPCのCPUはintelのほうが優勢でした。というのも、intelのCPUの強みとしてシングルコアが高いという点があり、PCゲームにおいてAMDよりアドバンテージを持っていました。

 

しかしながら、Zen2によりそのシングルスレッドの問題点を解決し、ついにintelのi7-8700kと同等以上のゲーム性能を獲得しました。

 

下記記事にゲームごとにFPSを比較した結果をまとめた画像があります↓

AMD Ryzen 5 3600 is the i7 8700k killer, according to leaked review

https://www.techquila.co.in/amd-ryzen-5-3600-vs-intel-i7-8700k/

 

このCPUは今後、ゲーミングPCの鉄板CPUとして長いこと君臨すると思われます。

選んでおけばまず間違いないでしょう

 

【メモリ】Corsair CMK16GX4M2A2666C16 [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組] \9,400 @最安

最安値を更新してたメモリですが、ついにちょっと値上げ傾向が見え始めています。

買うなら速めに買っておいたほうが良さげ

 

16GB積んでおけば、配信ソフトやらブラウザやら並行して動かしても平気なので16GB

ゲームとブラウザを両方安定して起動させるなら必須ですね

 

8GBだと今どきのゲームはもう苦しい (´・ω・`)


【マザーボード】ASRock B450M Pro4 \8,253 @最安

 

最近調子がいいASRock先輩

お金があるならもう一つ上のSteel Legendシリーズなんかは装飾も派手で人気

 

B450という中堅程度のチップセットですが、X570, X470のようなハイエンドチップセットの機能って正直使いこなせる人限られてるんですよね

Nvidiaのグラボ2枚指すSLIとかする予定なかったらB450で十分

 

【ビデオカード】SAPPHIRE SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 590 

8G GDDR5 DUAL HDMI/DVI-D/DUAL DP W/BP OC (UEFI) [PCIExp 8GB] \22,153 @最安

 

AMD Navi登場前ぐらいから大幅に値下げされてきた流行りの超コスパグラボ
3万円~4万円前後するGTX 1660といい勝負できるグラボです。

 

RX590 VS GTX 1660

https://www.gpucheck.com/ja-jpy/compare/nvidia-geforce-gtx-1660-vs-amd-radeon-rx-590/intel-core-i7-8700k-3-70ghz-vs-intel-core-i7-8700k-3-70ghz/

 

しかも、SAPPHIREのOCクロックモデルなので実際はもっと性能伸びる可能性あり。

メモリも8GB搭載してるので、長期間戦えますね。個人的に今オススメのグラボです(・∀・)

 

ただまあ、Radeon系のグラボと相性のよくないゲームもそこそこあるので、(FF14とか)自分がやりたいゲームに合わせて買うと良いかも。

 

 

【SSD】crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP \7,580 @最安

 

 

240GBで運用してたら日々のWIndowsアプデやらなんやらで結構逼迫してきてて、500GBのSSDが欲しい今日このごろです。

 

SSDも若干今底値から値上がり傾向なので、欲しい人は速めに買うべし

今回の企画だと値段の都合上SSDのストレージ一個しか載せてないけど、ゲーム用に1TBのSSD用意しておくと色々捗る。


【ケース】Thermaltake Versa H26 Black /w casefan CA-1J5-00M1WN-01 [ブラック] \4,163 @最安

 

相変わらずの安定ぶり

初心者向けかつ中身が見える。しかも安いというコスパの人気ケース

とはいえ、拡張性には乏しいので今後を見据えるともう少しお高めのやつを買ったほうがいいかも

 

見た目ちょい重視気味ならカラバリのあるJONSBO U4とか

 

大きめかつオシャレならNZXTのやつとか

ちょっと前ならH500とかシンプルで良かったんですが、今H510って奴になったみたいですね

 

これフロント側のUSBの穴がtype-cになっている様子

最近の事情にあわせて…ってことみたいだけど、需要あるのかな?

 

【電源】Corsair CX650M CP-9020103-JP \6,486 @最安

電源はPCパーツの中でも変動が少ないパーツなので、頑丈で保証が長くて、プラグインなどの使い勝手の良いものを選ぶと、後々使い回せて便利。

 

Antec NeoEco750 Goldなんかは7年保証あって安定してるので、長期スパンで考えるなら少しお金だしてこっちのほうが良いかも

 


【OS】マイクロソフト Windows 10 Home 日本語版 Fall Creators Update適用済 \15,680 @最安

 

 

今ってAmazon限定で少し安めのやつあるみたいですね。

まあそれでも1万円弱は高いと思う(・ω・`)

 

【合計】¥ 99,594

 

構成としては多分、これが今のコスパ重視ゲーミングPCって感じじゃないでしょうか

ちょっとストレージ周りが弱いので、予算を割けるならSSDを買い足しておくとかすると安定した構成になりそう。

10万円以内という制約をつけるとそうせざるを得ないんですがね

 

しかしながら、10万円出せばフルHDで最高画質でゲームしつつ、これでライブ配信もできてしまうんだからすごい時代ですね(・∀・)

今後しばらく新しいパーツの発表もないだろうし、しばらくはこれが鉄板構成になりそうな予感

 

 

 

さて寝るか

 

以上