出産記 ④鉗子分娩

テーマ:
6:30 陣痛促進剤の投与が始まる
麻酔のお陰で痛みは感じない陣痛は相変わらずの微弱で、赤ちゃんの頭が下りてこないので促進剤を入れられました

子宮口が全開になってるので「いきんでね」と言われましたが、私は普通に寝ている状態ですので何をどうやっていきめばいいのかサッパリわかりません・・・
便意がないのに踏ん張れと言われてるようなもんです

痛くない陣痛の波に合わせて踏ん張ってはみるものの「はい、いきんで~」とかも全くないので、やっぱりよくわかりません

そうこうしてる間にたくさんの助産師さんと先生が入れ替わり立ち代わりやってきては、指を入れて内診するのが嫌でした
麻酔が効いてなかったらめちゃくちゃ痛いと思います

「うーん。下りてこないね」などの声が聞こえてきて、やはり帝王切開になるのかと不安になりました
そこへ別のベテラン先生が登場、内診した後「いける」と
「頭が下りてくるのにまだ時間がかかるのだけど、感染症と高熱と赤ちゃんの頻脈であまり時間をかけられないので、小児科の先生にも立ち会ってもらって鉗子でお手伝いをします」と説明がありました

そして悲惨なお知らせが・・・
麻酔の薬液が切れました 早く次のパックをもってきて~と懇願しました
和痛分娩では最後にいきむときには麻酔を切っていきみやすくするほうが良いという考えなのでそれが怖くて怖くて・・・
ちゃんといきめるなら麻酔効いたままでいいよと言われてたけれども、こんなにタイミングよく切れると足してもらえないんじゃないかと思って怖かったです

その鶴の一声で一気に周りが慌ただしくなりました
本格的にいきむことになりました
男の先生2人が私の両足を片方ずつ持って子宮が露出するような恰好まで広げて押さえつけ、正面では助産師さんが手を突っ込んで産道を広げます
そこへ陣痛が来たらいきむのです
麻酔の追加はなしですがよく効いてたので幸い耐えられる痛みでした
それを2分おきぐらいで、20回もいきんだでしょうか・・・

さらにLDR内が慌ただしくなりました
産婦人科医4人、小児科医1人、助産師5人
これだけのスタッフが揃うと恐ろしくなります

私の頭上に主治医が!お腹を押すというのです ヒエ~
もうこの時は意識朦朧、よく覚えていません
「はい最後だから頑張ってね~」と言われても何がどうなってるのかよくわからない状態
「切りますね~」会陰切開の麻酔注射と切るのは何となくわかりました
鉗子分娩の時は多めに切るんです 涙

1回目のいきみ
別に痛くはないのだけども「うわぁぁああ」と叫んでいきんだ記憶があります
いきみが終わってもまだお腹を押されてて「先生、息できひん」と言いました 苦笑

2回目のいきみ
8:44
わけわからずまたうわーーーっといきむと「はい赤ちゃん出るよ」と言われて見たら、ずるっと出てきました 意識朦朧ではっきりとは覚えていません
産声が聴こえて、私もウワーっと号泣しました

赤ちゃんはしんどい状態だったのでカンガルーケアはできませんでしたが、毛布にくるまれた息子が顔のそばに連れて来られて、息子は私の顔をじーーーっと見てくれました
その強い眼差しは絶対に忘れません

後産の頃には麻酔が切れてきて、胎盤を剥がすのにお腹を押されたのがものすごく痛かったです
会陰切開の跡を縫うのもかなり時間がかかりました

一旦新生児室で様子をみられてた息子が連れられて来ました
私の右腕で抱いて、そのまま初乳を飲ませました 至福の瞬間です
必死で乳首を探してはむはむーと食らいつく様子に強い生命力を感じました

産まれてきてくれてありがとう
私達を親にしてくれてありがとう

入院編へ続く



AD

出産記 陣痛地獄〜天国

テーマ:
8:00 陣痛が強くなってきました
胎動は相変わらず激しくて動く度に痛みを強くしました



分娩監視装置の左の数字は赤ちゃんの心拍数で、右はお腹の張りの強さを表しています
私の痛みはお腹の張りではなくて、とにかく腰・骨盤・坐骨でした
なかでも坐骨に激痛が走り、まるでハンマーで叩かれたような電車で轢かれた痛みでした

それでもお腹の張りは弱いので微弱陣痛なのです
ですから痛いと叫んでも助産師さんh「今張ってないよ、陣痛来てないよ」と言うのですう~っ

陣痛は間隔があるから耐えられるのです
私の場合は陣痛が終わってもそのまま骨盤の痛みはなかなか収まらず、そこへ胎動が加わって痛み、そうこうしてるうちに次の陣痛がやってくるという状態でした

呼吸法などで耐えられる痛みでもなく、もう喚き散らして暴れまくりでした
「ギャー しぬー」と言ったら「痛みでは死なないのよと言われ・・・
助産師さんが「涙も汗も色んなものが出て最後にやっと赤ちゃんが出てくるのよ」とおっしゃった時はそりゃ絶望しましたよ
苦しんでるのにこんなこと言ったらダメですってば




13:00 地獄のような時間が過ぎました
陣痛開始から10時間、やっと内診があり、なんと子宮口が全く開いてないことが判明
もっと早く内診してくれれば・・・
私は泣きながら「どうにかして、もう耐えられない」とすがりつきました

痛みによる緊張で子宮口が開かないこと、痛いの似陣痛自体は微弱なことでお産が進まないので、和痛にして貰えることになりました
和痛とは硬膜外麻酔を入れて痛みを和らげる処置です
しっかしここからが長い、麻酔科の先生が待てど暮らせどこなーい
「もう向かってるはずです」って蕎麦屋の出前かイライラ

15:00 ようやく麻酔医登場 遅いっちゅうねんびっくり!?
リスクが説明され、私は「はいはいはいはいわかりましたから早く~~~!」
主人が同意書にサインしたようです
背中にまず麻酔をしてからチューブが入りました
陣痛に比べたらこんな痛みなんて蚊に刺されるようなもんです 楽勝!
30分ほどして痛みがすーっと引いていきました

天国でしたキラハート
痛みがきたらボタンを押すと薬液が流れる仕組みです
かなり効きが良かったようで、陣痛は95%感じなくなりました


痛みがなくなると、お腹が減ったことに気付きいて主人に向かいの聖路加タワーのマックでビッグマックを買ってきて貰って食べましたぐらころ
もちろん夕飯もしっかりと頂きました
妊婦食には授乳のための夜食おにぎりがつきます





22:00 熱が38℃まで上がったので採血される
結果、白血球18,000 CRP3 抗生剤が違うものに変わりました


23:00 内診 子宮口6㎝まで開く
頭がまだおりてこない

0:00 帝王切開になる可能性があるので(ここまで来て今更~) 絶飲食を言い渡される

0:30 熱38.3℃
         赤ちゃんは相変わらずお尻ふりふりして動いてる

2:30 赤ちゃんの脈拍数が170超える
  また採血 菌を培養するらしい

5:30   内診 子宮口全開
熱38.8℃でナチュラルハイ状態に
あとは赤ちゃんのヤル気次第と言われる


続く




AD

出産記 ②LDRにて

テーマ:
聖路加のLDRは沢山あるので、お産が多くて空いてないから使えないということはありません
LDRとは陣痛・分娩・回復をする部屋で、移動する必要がありません




LDRの設備
・TV・DVDプレーヤー・USEN
・洗面台・トイレ・シャワー
・陣痛用の椅子・簡易ベッドになる椅子
パートナーは泊まることができます



お産セットを渡されました
中身は
・お産用の浴衣のようなパジャマ・レッグウォーマー
・お産パッドML・母乳パッド・産褥ショーツなど

お産用浴衣に着替え、産褥ショーツをはきます
まだお腹が大きいのでこのショーツの小さいこと ギリギリはけました
大きいサイズのを持参したほうがいいです

助産師さんは二人がついてくれます
出たり入ったりですが放っておかれる事はあまりないです


USENのB16だったか、R&Bをかけ、主人はカメラをセット

お腹が空いたので、地下の自販機でチキンを買ってきて貰いました
陣痛の痛みを逃しながらも食べる私
まだまだ余裕です

我慢できるものの、痛みは強くなっていき、2分間隔のこともありました
お腹が痛いっていうよりとにかく骨盤が痛かったです

テニスボールを当てたらマシになるとか、そんなの何の役にも立たない痛みで、主人と助産師が腰をさすってくれても効かなくなってきて、終いには「あーもう触るな!」状態でした

私の痛みはお腹ではなくて、骨盤全体に感じました
腰と坐骨が割れるように痛かったのです

ベッドに寝るのが一番辛かったので、立ってウロウロしてました
相変わらず、トイレに行きたくて行っても何も出ない状態でした
できれば和室の畳にお布団があるほうが良かったな~

7:00夜が明けました
主治医が登場
陣痛の合間には冗談も言える私に、「喋れるぐらいやからまだまだやねぇ、夕方ぐらいちゃうかー」と
はぁ夕方か長いなと思うがそんな甘いものではなかったのです

続く



AD

出産記 ①破水〜入院

テーマ:
出産の記録を綴ります

photo:01



0:00頃にベッドへ入りましが相変わらず激しい胎動でなかなか寝付けませんでした
子宮口を頭突きするような胎動です


実は前の日に前駆陣痛でフライングしました
初めての事なので、陣痛がどんな痛みかわからないから仕方ないです
陣痛は全く別の痛みでした


3:00突然下痢の時のようなお腹と腰の痛みで目が覚めてトイレへ
これが陣痛の始まりでした

当然トイレで何もでるわけなく、でも何か出そうな感じです
寝ぼけてたのでまさか陣痛だとは思わずに再びベッドに入りました

すると生暖かいものが流れるのがわかりました
ん?と思いつつまだ寝ぼけてたら、再び流れて『破水だ!』と気付きました
少し鮮血が混じっていました

主人を起こし、赤ちゃんのオムツをあてて病院へ電話しました
母親学級の先生だった助産師さんが電話に出てくれて少し安心しました


入院セットはかなり前から用意して玄関に置いてあったのですが、普段から使っていて当日しか用意できないもの、ドライヤーや化粧品などを詰めました
この時の陣痛はいきなり4~5分間隔ですが我慢できる程度でした


聖路加国際病院の駐車場は21:45以降は入庫できないし、何時間かかるかわからないのでタクシーで行くことにしました


陣痛タクシーとして登録しておいた日本交通は10分程で来るとのこと
破水してるので、大きい90リットルのゴミ袋とバスタオルを用意しました
実際にはドバッと流れることはありませんでした


タクシーに乗りました
元々大きいお腹で座るのも大変な上に陣痛が来ると痛くてまともに座れず、シートに座らずに変な格好でしがみついてました


4:00少し前に病院へ到着
救急窓口に行くと車椅子が用意されて産科病棟へ連れて行って貰いました

助産師さんが待っていて、まずは診察室へ
赤ちゃんの心拍とお腹の張りを計測するモニターをつけます


そして助産師さんによる内診
陣痛のせいでこれがまた辛い
破水であるとのこと
子宮口は37週から変わらず1.5cmのまま
そのまま5:00までモニターをつけることになりました


いよいよLDRへ移動します
続く

長男が誕生しました

テーマ:
3月末に聖路加国際病院にて出産しましたニコ
2970gの男の子でとっても元気です

お産や入院生活について、少しずつ書いていこうと思います


陣痛が始まってから30時間かかったお産でした
お産のキーワードは
微弱陣痛・和痛・陣痛促進剤・感染症・高熱・胎児頻脈・意識朦朧・鉗子分娩
なんのこっちゃですね ゆっくり書きます

息子は可愛くて可愛くてしょうがないですハート
無事に産まれてきてくれたことに感謝して、大事に大事に育てていきます

ご報告まで




にほんブログ村