BA0327 CDG-LHR (パリ~ロンドン)

テーマ:
ホテルを出てパリからロンドンへ
夕方で渋滞してましたがタクシーで30分程でシャルル・ド・ゴール空港へ到着しました
料金は大きい荷物3つ分を含め60€程です
ブリティッシュエアウェイズはターミナル2Aです




こじんまりしたターミナルでちょっと寂しい感じです
フライト数も少ないです




お土産を買って、さっさとラウンジへ行きましょう
ワンワールドのラウンジが2つあるのではしごできるかな?





キャセイラウンジ 閉まってる・・・
エアカナダメープルラウンジ 閉まってる・・・



この時間開いていたのはアメリカンのアドミラルズクラブだけでした
搭乗ゲートからめちゃくちゃ遠かったです



サンドウィッチなどの軽食がありました




また端から端まで歩いて搭乗しました
動く歩道を作ってほしいぐらい



Cクラスですが短距離路線なので3-3の真ん中の座席をブロックしただけのものです




ヒースローまでは約1時間のフライト
あっという間です



軽食が出ました
ハム・チーズ・ピクルス・パンの簡単なものです
小腹がすいていたので頂きました




ヒースローへ戻ってきました T5は広大でとても綺麗です
全くわからないフランス語から英語になったからか、ホッとしたのでした





にほんブログ村

AD

Le Bistro Marbeuf

テーマ:
パリ最後の食事です
ホテルのチェックアウトが16時、空港へのタクシーを18時にお願いしていたので荷物をそのままホテルに置いて、軽く食事をしました
お昼ご飯がまだでお腹が空いていたのに中途半端な時間、旅行雑誌に載っていたホテル裏のお店に入りました


Le Bistro Marbeuf
21, Rue Marbeuf, 75008 Paris, France




温かい雰囲気のお店です
店のおばちゃんがご主人をこき使ってずーっと文句言ってるんです それがなんか嫌な感じではなくて、とても仲の良いご夫婦だというのが伝わってきてほんわかしました
ここのおばちゃん、ひとの3倍働いてました




35€のムニュ(セット)をお願いしました




エスカルゴ
もうちょっとガーリックを効かせてほしいなというお味




フォアグラ
あっさりしてました




子牛肉とマッシュルームのクリームソース
ビーフストロガノフをまろやかにした感じで美味しかったです




ランプステーキ
切るとレアでとても美味しそうだったのですが、味がないんです
結局塩をかけてもなんかしっくりこなくて勿体なかったです




リンゴのタルトバニラアイスクリーム添え
大き過ぎ!でも全部頂きましたけど




ホワイトレディーという名前のついた、アイスクリーム・ホイップクリーム・チョコレートソースのデセール
甘すぎずとても美味しかったです


この後ホテルへ戻りタクシーでシャルル・ド・ゴール空港へ向かいました
カードの使えるタクシーを用意してもらいました


こうして毎日こんなものばかり食べていた私達はもう身体が重くて大変
私は3キロ太りました泣
そして元に戻らぬまま妊娠してさらに+6キロ どこまで増えるのか・・・










にほんブログ村





AD

Hotel Fouquet's Barriere ロビー・総評

テーマ:
しばらくほったらかしだったGW旅行記の続きです
年まで越してしまいました



Hotel Fouquet's Barriere のロビーは広くはないですが、とてもモダンで素敵でした




ゴールドのソファなど、とにかく派手ですキラキラ











シンプルなのに壁が描く曲線が美しい



レセプションにある時計はニューヨーク・パリ・東京


お出かけから帰った時にマネージャーさんとばったり会って、是非そこで写真をと、撮ってもらったお気に入りハート



こちらのホテルはLHWに加盟しているだけあって、温かいホスピタリティを感じることができました
グレードが高いだけでふんぞり返っているホテルとは違いました
トリップアドバイザーの評価も大変気にしているようです

観光がメインになると、ホテルは寝るだけになりがちです
ここのスタッフはできるだけ客と接しようとしていましたし、自然とホテルライフを楽しもうという気にさせてくれるホテルです
出かける時も帰った時も、会釈だけでなく立ち話をし、食事をしている時にも声をかけにきてくれました
バトラーだけでなく、ベルやスパのスタッフ、レストランのスタッフまで皆のレベルが高かったです
ベルの女性はフォーシーズンのほうが上よって言ってましたが 笑 彼女もまた素敵でした

部屋のインテリアもモダンで上品でしたし、バスルームがかなり広かったのはとてもポイントが高いです
朝食はメインダイニングとフーケッツ共に大変美味しく頂きました

また泊まりたいと思うホテルでした
やはり2泊では少な過ぎます
長く滞在すればするほど価値のわかるホテルだと思います
バトラーが何でもしてくれるでしょう
事前に予約なんてしなくてもお芝居も観られるだろうし、星付きレストランの予約だって容易だと思います
そういう使い方をするべきホテルで、付加価値の代金も含まれているのでしょう

良い滞在でしたパリ





にほんブログ村



AD

La Diane の朝食とU SPA見学

テーマ:
Hotel Fouquet's Barriere にはLA DIANEというガストロノミーレストランがあります
2泊しましたので、こちらでも朝食を頂きました
カフェフーケッツではアラカルトでしたが、こちらはブッフェ+アラカルト形式です




特別に早い時間でもないのに、ルームサービスが多いのか、私達ともう一組だけしかいませんでした





色とりどりで見てるだけでも楽しいお料理の数々でした
パンの種類も豊富で10種どころではありません





スクランブルエッグとパンケーキ、ソーセージなど温かいお料理はサーブして頂けます
お味は言うことありません





勧められたクレープ 朝から甘いものもたっぷり頂きました





パティオのテーブルにはピンクの薔薇が可愛らしく置いてありました







サントリーニ島のミスティークで出会ったパリ在住の素敵なカップルが、ここのスパが広くていいと絶賛していたので、見るだけ行ってみることにしました
とても広くて斬新な造りでした Parisのホテルスパでこの広さは他にないようです
LHWのLeading SPAにも指定されています
とても美しい女性スタッフが丁寧に案内してくれました




短いマッサージだけでもと思ったのですが、生憎予約でいっぱい
次回のお楽しみです
トリートメントのネーミングはJAPANESEでした
『繊細』『組曲』『音程』『子守唄』など 化粧品はカネボウのSENSAIという海外向けのものが使われています




にほんブログ村








ノートルダム寺院のバラ窓

テーマ:
時間のないパリ滞在でしたが、バラ窓を見たくてノートルダム寺院で水上バスを降りました
沢山の人で入るのに少し並びました






祭壇前で写真を撮っていたら、日本人ツアーの団体が来られて、ガイドさんの解説を聞けました
わざとじゃないですよ~












写真の撮りがいがある、美しすぎるステンドグラスでした
美しいものを見る心は万国共通なのでしょうね






宗教のことは全くわからない私達ですが、ただならぬ荘厳さを感じました









にほんブログ村






バトビュスでセーヌ川をゆく♪

テーマ:
セーヌ川を移動するのにBATOBUSという船があります
チェックアウトが16時、シャルルドゴールまでのタクシーを18時にお願いしたのでそんなに時間があるわけでもないので船に乗りながら景色を楽しむことにしました




ホテルから川沿いまで10分程歩いて船着き場へ
お天気もいいし、景色を見ながらゆっくりと移動するのは気持ち良かったです

1日15€ 2日18€ 3日21€で乗り放題です
船着き場でチケットを買います




橋ひとつとっても細かい装飾が施されていて写真を撮るのが面白かったです




逆光のエッフェル塔
青空・雲とのコントラストが好きな一枚です




オルセー美術館
次回はこちらもゆっくりと観てまわりたいです


ノートルダム大聖堂のバラ窓を見たくて、ここで初めて降りました
バラ窓は次回に






宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白


にほんブログ村










Fouquet'sの朝

テーマ:
Hotel Fouquet's Barriere に泊まると当然、フーケッツで朝食を頂くことができます
これも楽しみのひとつでした♪☆



有名人の写真が並ぶ、煌びやかな店内です





常連さんらしきお洒落なおじいちゃんがいつもの場所へと案内されてました




ホテル側の入り口





ジョルジュサンク通り側





ヨーグルト・フルーツ・ジュース・卵料理をひと通りアラカルトで注文しました
パンは特にクロワッサンが美味しかったです






コーヒーとミルクを自分の好きな分量で注ぎます





このスクランブルエッグが最高嬉しい
とろとろの卵にハムがのってる、変わったスタイルでした
量は多いけれども美味しくてペロっと完食




老舗カフェの趣きがあります
朝にいたギャルソンはつんつんしてました 良く言えばきびきびと動いてました
どこへ行くかを考えながらの優雅な朝食でございました





宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白


にほんブログ村










ルーブル美術館

テーマ:
美術に関しては全く専門知識のない私たちですが、せっかくパリへ来たのだからモナリザだけでも見ておこうと、ルーブル美術館へ行きました
ホテルのコンシェルジェに用意してもらったミュージアムパスを持って行きましたが、夜間に開いてる曜日でしたのですぐに入れたし空いていてゆっくりできました




ドラマチックアートで撮ると迫力がUPします








夜にライトアップされますが、日本のLEDが使われているそうですね





お目当てのモナリザです
強い風だったので髪が乱れていますね
薀蓄を語ったり、説明したりはできませんので省きます
絵を観て心が穏やかになったりワクワクしたり、それでいいのですよね



ドラクロワ 『民衆を導く自由の女神』
主人が好きな絵で、じっと観てました




サモトラケのニケ
階段の踊り場にあり、迫力がありました



ミロのヴィーナス



フェルメール 『レースを編む女』




着物を着て絵を観てまわるという、なかなか優雅な時間を過ごすことができました
美術館にいるだけあって、日本の着物が大好きだという人がたくさん寄ってこられて、写真を撮ったり感嘆されていました
日本バンザイw 是非日本へ遊びに来て頂きたいですね




宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白










L'Espadon Ritz Paris

テーマ:
パリ2日目
ネットで探したヘアメイクのさとこさんにお部屋まで来てもらい、着付けとヘアセットをして頂きました
出張費も込みで100€です
さとこさんはフランス人のご主人と大恋愛の末ご結婚されたそうです
小柄でとてもキュートな女性です パリでも着物を着て日本文化を広めてらっしゃいます
自分で着ると汗だくになるので、お願いして良かったです


ホテルを出てタクシーを止めてもらうまでの間にさっそく通りかかった人から写真を撮らせてと言われました
着物に凄く興味があるか、全くの無関心か 100か0という反応
さとこさん曰く、紫はフランス人の大好きな色らしいです


タクシーでヴァンドーム広場へ
CHANELのジュエリーを見に入ったら、それはそれは丁寧に接客してくださいました
着物効果ですね
コーヒーでもどうですかと言われたのですが、ランチを控えてるのでお気持ちだけ頂いてw
きっと何千万、億を超えそうな額のジュエリーを見せてもらって手にとり、夢の時間でした




おのぼりさんらしく笑 ランチはリッツパリのレスパドン
ダイアナ妃が最後の食事をした2つ星レストランです

お昼のコースは85€、良心的な価格で頂けます




アミューズブーシュ
冷たいスープ なんですが 覚えてないという・・・







パンはハードタイプでとても美味しかったです
バターにRのマークがあるのは気分が上がります





私のオードブル カニのサラダ キャビア添え
ホワイトバルサミコやマンゴーのソース
鮮やかなお料理に心躍りました お味は言うまでもなく





主人のオードブル アスパラガスとフォアグラのソテー
コンテチーズで巻いたもの
見た目よりもあっさりとしていました




主人のメイン 子羊
タジャスカオリーブ・アーティチョーク・チャツネ・トリュフ入りカプチーノ添え
子羊はもちろん別添えのカプチーノにのっていたトリュフが格別だったそうです





私のメイン タラ
オニオンとマッシュルーム添え マトローテソース
キャベツロール
ふわふわのソースをお皿にかけてくださって、美味しそう~と思ったのですが
こればっかりはダメでした泣
折角の美味しいソースなのに、タラが塩辛いのです!
肉厚で脂ののったタラなのに残念でした






主人のデセール アーモンドタルト シトラスフルーツ




私のデセール 洋梨のロースト トンカビーンズの香り





バニラアイスクリーム





プチフール とっても可愛らしいシュークリーム



サービスはまぁこのクラスだと当然な感じです
特別に良いわけでもなく、だめなわけでもなく

びっくりしたのが、隣に座っていた中国人カップル
女性はなんと・・・ジーンズをはいていたんです 信じられない
そんな人を入れるお店も信じられない
改装前だからどうでも良かったのでしょうか、残念です

なんとなく思ったこと、AMEXから予約していましたが、それなりのホテルに泊まっているならば、コンシェルジェから予約してもらうほうが大事に扱われるかもしれません
滞在したホテルのスタッフのホスピタリティが最高だったからです




宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白


にほんブログ村










パリ初日の夜にはエミトラベルのイルミネーションバスツアーに参加しましたパリ
朝早くから動いて移動してきたので、もう眠くて死にそうでしたねんね
ひとり3,800円 いいお値段です


凱旋門凱旋門
周りは車の大渋滞 皆好きなように走ってるので怖かったです
こんなところで絶対に運転できない~




エッフェル塔(Θ_Θ)
いいポジションから撮れるように停めてくれます
毎時0分~5分間、キラキラとシャンパンフラッシュがあります









エミトラベルのガイドのおじさんはまるで旅番組のナレーションのようにめちゃくちゃ上手にお話されて楽しかったです
おひとりさまで参加されている女性がちらほらいらっしゃって、その方の写真を撮ってあげればいいのに知らんぷり
仕事じゃないかもしれませんけど、日本人相手なんだからそれぐらいすればいいのに



初日はフラフラで全然気付かなかったのに、2日目の夜、お部屋からもエッフェル塔が見えました
最後のシャンパンフラッシュは塔の枠組みのライトアップなしで、キラキラだけなんですキラキラ



















宝石白下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです宝石白


にほんブログ村